Feature Design 【佐藤可士和のクリエイションの秘密】前編:本質的な価値を伝える、「アイコニック・ブランディング」とは。

【佐藤可士和のクリエイションの秘密】前編:本質的な価値を伝える、「アイコニック・ブランディング」とは。

ポートレート:齋藤誠一 文:高瀬由紀子

2021年2月3日(水)、国立新美術館で大々的な個展がスタートする佐藤可士和。日本を代表するクリエイティブ・ディレクターの仕事の根幹を成す独自の方法論についてインタビューした。前編となる今回は、佐藤が一貫して追求してきた「アイコニック・ブランディング」の真意に迫る。

【佐藤可士和のクリエイションの秘密】前編:本質的な価値を伝える、「アイコニック・ブランディング」とは。

企業、文化施設、病院、教育機関、地域産業——。ジャンルの枠を超えて、数多のブランディング・プロジェクトを手がける佐藤可士和。国立新美術館での大規模個展『佐藤可士和展』がいよいよ2月3日から開催される。クリエイティブ・ディレクターとしては初となるこの個展は、デザインの力を信じ、その概念を大きく広げて社会に働きかけ続けてきた佐藤だからこそ実現した企画と言えるだろう。

今回の展示の切り口のひとつにもなっているのが、さまざまなプロジェクトに一貫している「アイコニック・ブランディング」という佐藤の方法論だ。博報堂在籍時代から佐藤が常に感じていたのは、「世の中には情報が洪水のごとくあふれていて、物事を正確に人に伝えていくことは至難のワザ」だということ。

「ブランディングとは、社会の中での存在感を戦略的に構築していく作業。ですから、その対象の本質的価値をつかんで研ぎ澄ませ、シンプルで明快なアイコンとして提示すると、ひと目で多くの人に伝わり非常に効果的なんです」

その典型と言える例が、企業やブランドのロゴだ。さらに佐藤は、プロダクトや空間、建築、そして街の風景までもアイコンとして展開し、人々の心に鮮烈な印象を与えてきた。

1 / 3p
Feature Design 【佐藤可士和のクリエイションの秘密】前編:本質的な価値を伝える、「アイコニック・ブランディング」とは。