Feature Design プロダクトデザイナー深澤直人が語る、15年間愛されてきた「INFOBAR(インフォバー)」の進化とデザイン

プロダクトデザイナー深澤直人が語る、15年間愛されてきた「INFOBAR(インフォバー)」の進化とデザイン

写真:宇田川 淳 文:土田貴宏

ミニマルにして斬新なフォルムと色使いで、多くのファンに支持されてきた携帯電話「INFOBAR(インフォバー)」。その初期モデルを彷彿とさせる「インフォバー xv」が新たに発売されます。このプロダクトを手がけた深澤直人さんに、インタビューを行いました。

プロダクトデザイナー深澤直人が語る、15年間愛されてきた「INFOBAR(インフォバー)」の進化とデザイン

深澤直人(プロダクトデザイナー)●1956年山梨県生まれ。多摩美術大学卒業後、サンフランシスコIDEOなどを経て2003年に自身のデザイン事務所を設立。2018年5月、イサム・ノグチ賞を受賞。

いまから15年前、auの「インフォバー」は画期的な携帯電話として誕生しました。かつてなかった個性と存在感をもつ、高度にデザインされた携帯電話は、やがて日本国内で大ヒット。さらにニューヨークのMoMAに所蔵されるなど、世界的にも高い評価を得ます。その後も時代ともに革新を続けたこのシリーズに、この秋、ニューモデル「インフォバー xv」が登場。初代「インフォバー」の佇まいを受け継ぎながらも、その姿には確かな現代性も備わっています。インフォバーの生みの親であるデザイナーの深澤直人さんに、そのデザインについて語ってもらいました。

Feature Design プロダクトデザイナー深澤直人が語る、15年間愛されてきた「INFOBAR(インフォバー)」の進化とデザイン

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018