Feature Design 世界の人々を魅了した、グランドセイコーによる「時」のダイナミズム
PROMOTION

世界の人々を魅了した、グランドセイコーによる「時」のダイナミズム

写真:フランキー・ヴォーン 文:土田貴宏 コーディネート:坂本きよえ(STUDIO SAKAMOTO)

「時間とは、刻むものではなく流れるもの」。今年4月のミラノ・デザインウィークに初出展したグランドセイコーは、神秘的なインスタレーション「ザ・フロー・オブ・タイム」でその哲学を伝えました。今回の展示を手がけたタクト・プロジェクトの吉泉聡が、その発想の秘密を語ります。

世界の人々を魅了した、グランドセイコーによる「時」のダイナミズム

グランドセイコーのムーブメント、スプリングドライブの約200点ものパーツと、明滅するLEDを封入した透明のオブジェ。

毎年4月に開催されるミラノ・デザインウィークは、家具見本市のミラノ・サローネをはじめとして、世界中から最新のクリエイションが集まる大規模な催しです。今年、このイベントに初出展したグランドセイコーのインスタレーション「ザ・フロー・オブ・タイム」は、「時間の流れ」をテーマとし、多くの人々を魅了しました。その空間を手がけたのが気鋭のデザイナー、吉泉聡が率いるタクト・プロジェクト。彼はグランドセイコーが採用しているセイコー独自のムーブメント、スプリングドライブから大きなインスピレーションを得たと言います。

Feature Design 世界の人々を魅了した、グランドセイコーによる「時」のダイナミズム

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018