Feature Design いま話題の『雑貨展』で考える、 どんな「モノ」を選ぶのか?

いま話題の『雑貨展』で考える、 どんな「モノ」を選ぶのか?

写真:江森康之 文:小川 彩

六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催中の『雑貨展』が話題になっています。身近ながらも奥深い「雑貨」の魅力を考える、ユニークな展覧会にクローズアップしました。

いま話題の『雑貨展』で考える、 どんな「モノ」を選ぶのか?

「雑貨」という言葉を聞いて、あなたはどのような「モノ」を思い描きますか? 東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催中の企画展『雑貨展』では、世代も職業もさまざまな人が捉えた、膨大な量の「雑貨」がキュレーションされ、展示されています。そもそも、ひと言で説明しきれない雑貨をテーマとした背景には何があるのでしょう? そして、展示されている雑貨からは、どのようなことが見えてくるのでしょう? ここではプレスプレビューと3月26日に開催された関連プログラム「雑貨展企画チームによる雑談」を通じて、この企画展のディレクターを務めるデザイナー・深澤直人さんをはじめ、普段からデザインに関わる仕事をしている企画チームや出展者の一部の方々の言葉から、なぜいま雑貨なのかについて考えてみました。

Feature Design いま話題の『雑貨展』で考える、 どんな「モノ」を選ぶのか?