Feature Design “よいデザイン”は社会を変える! 「グッドデザイン賞」受賞作が並ぶ、「GOOD DESIGN EXHIBITION...

“よいデザイン”は社会を変える! 「グッドデザイン賞」受賞作が並ぶ、「GOOD DESIGN EXHIBITION 2015」に注目しましょう。

写真:江森康之 文:小川 彩

創設59周年を迎えたおなじみ「グッドデザイン賞」。東京ミッドタウンでの受賞展を前に、新たに審査委員長となった永井一史さん、審査副委員長となった柴田文江さんにお話を聞きました。

“よいデザイン”は社会を変える! 「グッドデザイン賞」受賞作が並ぶ、「GOOD DESIGN EXHIBITION 2015」に注目しましょう。

デザインは、業界の中だけではなく社会全体と関わっていることを意識する時代と語るお二人の会話からは、グッドデザイン賞がより開かれた場となる可能性を感じました。

今年で59回目を迎える「グッドデザイン賞」は、私たちの暮らしと社会を豊かにする「よいデザイン」を顕彰し、社会に発信する取り組みです。2015年はこの10年で最多の3658件の応募があり、うち1337件が受賞しました。この受賞デザインの展示「グッドデザインエキシビション2015(G展)」が、間もなく東京ミッドタウンで開催されます。

今年から審査委員長となった永井一史さんと副委員長の柴田文江さんは、ここ数年グッドデザイン賞が評価する領域が「もの」から「こと・仕組み」へと顕著に広がってきたと言います。グッドデザイン賞が評価する対象は、どのように変わってきたのでしょうか? G展開催を前に、知られざる審査の過程や60周年に向けた新たな取り組みについて、お二人に話を聞きました。

Feature Design “よいデザイン”は社会を変える! 「グッドデザイン賞」受賞作が並ぶ、「GOOD DESIGN EXHIBITION...

次号予告

ブルックス ブラザーズから始まった定番スタイル

やっぱり、アメトラでいこう。