Feature Design 暮らし、コミュニケーション、伝統、地域──。グッドデザイン賞の受賞プロジェクトから、デザインと社会のつながり方を考えた。

暮らし、コミュニケーション、伝統、地域──。グッドデザイン賞の受賞プロジェクトから、デザインと社会のつながり方を考えた。

写真:齋藤誠一 文:久保寺潤子 協力:日本デザイン振興会

日本で最も知名度の高いデザイン賞であり、よりよい暮らしや社会を目指す活動に贈られるグッドデザイン賞。2019年度に受賞を果たした4つのプロジェクトにフォーカスし、デザインをめぐる現在・未来について考えた。

暮らし、コミュニケーション、伝統、地域──。グッドデザイン賞の受賞プロジェクトから、デザインと社会のつながり方を考えた。

「デザインによって私たちの暮らしや社会をよりよくしていく」ことを目指して、1957年に始まったグッドデザイン賞。以来、シンボルである「Gマーク」でお馴染みのこの賞は、プロダクトや建築、ソフトウェア、システム、サービスなど私たちを取り巻くさまざまなものごとを対象とするものとなった。毎年、受賞デザインのうち完成度や今後の期待度が特に高いと評価されたものがグッドデザイン・ベスト100に選ばれ、さらに大賞、金賞、グッドフォーカス賞が決定される。前回2019年度は、過去最多となる1420のデザインが受賞。これは国内はもとより、アジア圏を中心とした海外からの応募作品も含まれている。

いま、世の中に必要とされるデザインとは、いったいどのようなものなのだろう? 今回Pen Onlineでは、2019年度に金賞を受賞した自動運転バスGACHA、音知覚装置Ontenna、地域包括ケアigoku、さらにグッドフォーカス賞を受賞した焼き物1616/arita japanの4プロジェクトを取材。それぞれの取り組みを紹介しながら、デザインと社会の関わりについて考えた。

1 / 4p
Feature Design 暮らし、コミュニケーション、伝統、地域──。グッドデザイン賞の受賞プロジェクトから、デザインと社会のつながり方を考えた。
Feature Product 新たなるライカの聖地、「新宿 北村写真機店」がオープン!
Feature Product 新たなるライカの聖地、「新宿 北村写真機店」がオープン!

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。