Feature Design こころを震わせるクリエイションを求めて、注目のデザイン&アートイベント「DESIGNART TOKYO 2018」へ。

こころを震わせるクリエイションを求めて、注目のデザイン&アートイベント「DESIGNART TOKYO 2018」へ。

文:土田貴宏

昨年から始まった、東京の秋を彩るデザイン&アートイベント「DESIGNART TOKYO」は、領域を超えた最新のクリエイションが集結するチャンス。10月19日から28日までの期間中、約120もの展示やイベントが青山や六本木など都内各所で行われます。最新情報をお届けしましょう。

こころを震わせるクリエイションを求めて、注目のデザイン&アートイベント「DESIGNART TOKYO 2018」へ。

ボルボ スタジオ 青山で展示される、スウェーデンの新進ガラス作家、サラ・ルンドクヴィストによる作品より。photo:Karin Olanders

現在は、デザインとアートをはじめ建築、ファッション、クラフトなどの境界が曖昧になっています。領域をクロスオーバーさせるクリエイターが増え、多様な表現が次々と生まれるようになりました。こうしたシーンのキーワードは“エモーション”。既存の尺度ではなく、心から感動できることこそが大切な価値なのです。
「DESIGNART TOKYO」は、そんな価値を広めようとする東京発信の新しいイベントです。ほとんどの作品は日本初公開で、新世代のクリエイターも多数参加しています。約120の展示や催しの中から、注目すべき展示を厳選してご紹介します。

Feature Design こころを震わせるクリエイションを求めて、注目のデザイン&アートイベント「DESIGNART TOKYO 2018」へ。

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018