Feature Design ヨーロッパの辺境から新しい建築の姿を模索した、北欧の巨匠アルヴァ・アアルトを追って。

ヨーロッパの辺境から新しい建築の姿を模索した、北欧の巨匠アルヴァ・アアルトを追って。

写真・文:山田泰巨

今年、生誕120年目を迎えるフィンランドの建築家、アルヴァ・アアルト。20世紀を代表する建築家であるのはもちろん、家具や照明器具、ファブリックなどさまざまなアイテムで今日まで北欧のモダンデザインを牽引する存在です。なぜアアルトは誰より早く地域性に目を向け、温かみある建築や家具を実現できたのか。その作品をひも解きながら、魅力の源泉をたどりましょう。

ヨーロッパの辺境から新しい建築の姿を模索した、北欧の巨匠アルヴァ・アアルトを追って。

わずか35歳のアルヴァ・アアルトが1933年に完成させた「パイミオのサナトリウム」。松林のなかに突如現れるモダンな建築は、完成から85年を経たいまも色褪せません。煙突に付帯する白い筒は煙突の熱を使って水を温めていた装置。モダンなデザインと細部へのこだわり、そして実験性に富んだ初期の名作です。

まもなく19世紀が終わろうとする1898年、アルヴァ・アアルトはフィンランドの小さな街、クオルタネに生まれました。測量技師の父が、この地で森林を調査し管理をしていたのです。やがてその父が町議員に選出されたことから、家族はフィンランド中部にあるユヴァスキュラへ居を移します。アアルトは、後年にいく...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
Feature Design ヨーロッパの辺境から新しい建築の姿を模索した、北欧の巨匠アルヴァ・アアルトを追って。