Feature Culture 山形県庄内から次世代の街づくりを発信する、「ヤマガタデザイン」の新たな試みとは。

山形県庄内から次世代の街づくりを発信する、「ヤマガタデザイン」の新たな試みとは。

写真:宇田川 淳 文:西田嘉孝

東北地方の人口減少エリアでありながら、いま日本で最もポジティブなエネルギーに満ちている地方都市のひとつである山形県鶴岡市。そのエネルギーの源泉を探るべく、山形県庄内地方において完全地域主導の“街づくり”を提案する、「ヤマガタデザイン」のオフィスを訪ねました。

山形県庄内から次世代の街づくりを発信する、「ヤマガタデザイン」の新たな試みとは。

完成間近の「ショウナイホテル スイデンテラス」の前に立つ、「ヤマガタデザイン」の創業者で代表取締役を務める山中大介さん。

美しい水田風景が広がる山形県庄内地方。この地で“街づくり”を行う「ヤマガタデザイン」のオフィスは、合成クモ糸繊維「クモノス」の開発に成功したスパイバーをはじめ、世界的に注目されるバイオベンチャー企業が集う鶴岡サイエンスパークの一角にあります。

ゼロから産業を生むための基礎研究に着目し、鶴岡市が市内の約21haの未整備地を活用した「サイエンスパーク構想」を打ち出したのは1999年のこと。2001年に慶應義塾大学先端生命科学研究所の誘致に成功したことを皮切りに、現在まで6社のベンチャー企業を生むなど、地方創生の成功モデルとして大きな注目を集めています。

しかし、ベンチャー企業群の急激な成長のスピードに行政主導の開発では追い付かなくなり、約21haのうち未整備の14haは取り残されてしまう状態に……。こうした未整備地の開発を引き継ぐことになったのが、大手不動産ディベロッパーを退職し、ふらりと地縁のないこの地に足を踏み入れた山中大介さんです。偶然か必然か――。どちらにせよこの運命的な出合いが、山形県庄内を大きく変える街づくりカンパニー、「ヤマガタデザイン」誕生のきっかけとなったのです。

Feature Culture 山形県庄内から次世代の街づくりを発信する、「ヤマガタデザイン」の新たな試みとは。