Feature Culture ウポポイの意味は「(大勢で)歌うこと」。アイヌ文化を発信する話題の施設の見どころは?

ウポポイの意味は「(大勢で)歌うこと」。アイヌ文化を発信する話題の施設の見どころは?

写真:佐々木育弥 文:渡辺芳浩

2020年7月12日に北海道白老町にオープンした、アイヌ文化を発信する「ウポポイ」。最近ではCMも流れ、いま北海道で最も注目されていると言っても過言ではないスポットだ。その見どころを紹介しよう。※記事中のアイヌ語表記で小文字となる部分を()で表記している。

ウポポイの意味は「(大勢で)歌うこと」。アイヌ文化を発信する話題の施設の見どころは?

国立アイヌ民族博物館。2階が展示スペースで、常設である基本展示と特別展示のスペースに分かれている。1階には関連書籍が閲覧できるライブラリーの他、ミュージアムショップやシアター、交流室などが併設されている。

世界で5000を超えるといわれる先住民族の存在。国連はそうした人々の権利とアイデンティティを守るべく、2007年に「先住民族の権利に関する宣言」を採択した。こうした流れを受け日本国内でも「アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議」が08年に衆参両院で採択され、誕生したのが「ウポポイ」(民族共生象徴空間)だ。北海道白老町に2020年7月12日にオープンした施設は、先住民族であるアイヌの尊厳を大切にし、国内外にアイヌの歴史と文化を正しく理解することを促し、新たなアイヌ文化の創造と発展に寄与することを目指している。

「国立アイヌ民族博物館」「国立民族共生公園」「慰霊施設」によって構成され、愛称である「ウポポイ」はアイヌ語の「(大勢で)歌うこと」を意味している。なんとも愛らしく親しみやすいネーミングもあって、認知度は一気に高まりをみせている。

ウポポイの意味は「(大勢で)歌うこと」。アイヌ文化を発信する話題の施設の見どころは?

国立アイヌ民族博物館2階のパノラミックロビー。ウポポイの北側に広がるポロト湖を一望でき、その景色は圧巻。

ウポポイの意味は「(大勢で)歌うこと」。アイヌ文化を発信する話題の施設の見どころは?

国立民族共生公園にある伝統的コタン。コタンはアイヌ語で町や村を意味し、ここではアイヌのかつてのチセ(家屋)が再現され見学が可能。窓の意味や家族の座る位置などが解説される。

1 / 4p
Feature Culture ウポポイの意味は「(大勢で)歌うこと」。アイヌ文化を発信する話題の施設の見どころは?
Feature Product 【ピアジェを巡る6つの逸話】第6回:限界を超えて夢を具現化する、メゾンの先進性。
Feature Product 【ピアジェを巡る6つの逸話】第6回:限界を超えて夢を具現化する、メゾンの先進性。

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。