Feature Culture 対談:生島淳×九龍ジョー 日本の伝統芸能にとって、2020年はどんな年だったのか?

対談:生島淳×九龍ジョー 日本の伝統芸能にとって、2020年はどんな年だったのか?

写真:河内 彩 文:Pen+編集部

伝統芸能に精通したジャーナリストの生島淳と、足しげく寄席や舞台に通うライター&編集者の九龍ジョー。2020年の伝統芸能を振り返りつつ、2021年の展望をふたりに語ってもらった。

対談:生島淳×九龍ジョー 日本の伝統芸能にとって、2020年はどんな年だったのか?

生島淳(左)●1967年宮城県生まれ。ジャーナリスト。Pen 2020年12月15日号「クリエイター・アワード2020」では、数年来追いかけている講談師の六代目神田伯山にインタビュー。 九龍ジョー(右)●1976年東京都生まれ。ライター&編集者。YouTubeチャンネル「神田伯山ティービィー」や「歌舞伎ましょう」の監修を務める。近著に『伝統芸能の革命児たち』(文藝春秋)。

落語&歌舞伎好きでありながら、ここ数年、講談師の六代目神田伯山にハマっているジャーナリストの生島淳と、伝統芸能の最前線をとらえた新刊『伝統芸能の革命児たち』を上梓したばかりのライター&編集者の九龍ジョーのふたりが、2020年の伝統芸能界を振り返りつつ、いま観ておきたい芸人や役者について語り合った。

1 / 4p
Feature Culture 対談:生島淳×九龍ジョー 日本の伝統芸能にとって、2020年はどんな年だったのか?