Feature Culture 【映画監督・枝優花とめぐる、復活の映画館。】後編 風情あふれる「川越スカラ座」が、“変わらない”ことの大切さを教...

【映画監督・枝優花とめぐる、復活の映画館。】後編 風情あふれる「川越スカラ座」が、“変わらない”ことの大切さを教えてくれた。

写真/文:枝優花

映画ファンの声に押されて復活を遂げた、街の映画館。その魅力を知るために、新進の映画監督・枝優花さんと各所を訪ねます。今回足を運んだのは、旅情をかきたてる蔵の街・川越にある「川越スカラ座」。「小江戸」と呼ばれる伝統を大切にする街の映画館は、どのようにして甦ったのでしょうか。

【映画監督・枝優花とめぐる、復活の映画館。】後編  風情あふれる「川越スカラ座」が、“変わらない”ことの大切さを教えてくれた。

枝優花(えだ・ゆうか)●1994年、群馬県生まれ。映画監督・フォトグラファーとして活動。2017年に制作した映画『少女邂逅』をはじめ、キリンジやSTU48、indigo la EndなどのMVや写真を手がけている。

映画監督、またフォトグラファーとして、「いま」をみずみずしい感性で切り取る枝優花さん。クラウドファンディングによる映画の製作はもちろん、撮影現場の環境改善や子役の演技レッスン、新しい上映方法の模索など、常にチャレンジを続けています。その枝監督とともに、一度は閉館するものの、市民の声で復活を遂げた「川越スカラ座」を訪れました。都心から離れた立地にもかかわらず、訪れた監督や俳優たちがみんなファンになってしまうという同館。枝監督自身の視点で、この劇場の魅力に迫ります。

【前編:早稲田松竹はこちら】

1 / 3p
Feature Culture 【映画監督・枝優花とめぐる、復活の映画館。】後編 風情あふれる「川越スカラ座」が、“変わらない”ことの大切さを教...