謎めいたケルト模様が渦巻く、アニメーション映画『ブレンダンとケルズの秘密』の世界へ。

写真:渡邊美佐(トリニティ・カレッジ 図書館、ケルズ修道院、聖コルンバの家、ニューグレンジ) 文:青野尚子

7月29日から全国で公開されるアニメーション映画『ブレンダンとケルズの秘密』。この物語の鍵となった、ケルト美術の最高峰といわれる「ケルズの書」に出合うため、アイルランド・ダブリンへと足を運びました。

謎めいたケルト模様が渦巻く、アニメーション映画『ブレンダンとケルズの秘密』の世界へ。

The Board of Trinity College Dublin
「ケルズの書」の1ページ。細かい組み紐模様で飾られた枠の中に聖ヨハネが描 かれる。光輪(光背)の模様も面白い。

アイルランドのダブリンにあるトリニティ・カレッジ図書館に約350年にわたって保管され、“世界一美しい書”と称される「ケルズの書」をご存じでしょうか?  ケルト美術の最高峰とされるこの書物ですが、いつ、誰が書いたのか、正確なことはわかっていません。

今夏、この「ケルズの書」をモチーフにしたアニメーション映画『ブレンダンとケルズの秘密』が公開されます。監督を務めたトム・ムーアとアートディレクターのロス・スチュアートへのインタビューの機会を得て、ダブリンへと向かいました。