Feature Culture 小山薫堂が「いま訪れたい旅先」に選んだのは、上質な時を満喫できるリゾート、タヒチでした。
PROMOTION

小山薫堂が「いま訪れたい旅先」に選んだのは、上質な時を満喫できるリゾート、タヒチでした。

文:高野智宏 写真:湯浅 亨

小山薫堂さんにとって、旅とは「発想の源となる、感動や驚きの経験値を積む最良の機会」だと言います。そんな小山さんに旅の楽しみ方、そして、いま気になっているという旅先タヒチの魅力を聞きました。

小山薫堂が「いま訪れたい旅先」に選んだのは、上質な時を満喫できるリゾート、タヒチでした。

旅先で“神様にフェイントをかける”行動を意識し、ときに楽しくときにほろ苦いエピソードを引き寄せてきた小山さん。

テレビ番組やラジオの放送作家であり、さらにブランディングや老舗料亭のご主人、大学の副学長も務めるなど、多方面で活躍する小山薫堂さん。小山さんにとって旅は、尽きることないアイデアの源のひとつであると言います。

「旅先で意識しているのは“神様にフェイントをかける”こと。嫌いなものを食べてみたり、あえて迷子になったりと、普段ならやらないことをしてみて、自らにセレンディピティ(※)を引き寄せるよう仕向けているのです」

その遊び心は多くの出会いやトラブルを引き寄せ、エッセイのネタなど仕事に結びつくことも。そんな“旅の迷人”小山薫堂さんの旅の楽しみ方、そして、いま気になっているという旅先、タヒチについて紹介します。


※セレンディピティ:思わぬものを偶然に発見する才能

問い合わせ先/エア タヒチ ヌイ
TEL:03-6267-1177
http://www.airtahitinui.jp/campaign/ 

Feature Culture 小山薫堂が「いま訪れたい旅先」に選んだのは、上質な時を満喫できるリゾート、タヒチでした。