Feature Culture 芸術鑑賞の方法が変わり、新たなエンタメが誕生。凸版印刷と『美術手帖』が仕掛ける、「サバイブのむすびめ」とは?
PROMOTION

芸術鑑賞の方法が変わり、新たなエンタメが誕生。凸版印刷と『美術手帖』が仕掛ける、「サバイブのむすびめ」とは?

写真:齋藤誠一 文:佐野慎悟

リアルでの公演・展示が難しくなった美術や音楽、伝統芸能。そんな芸術活動がオンライン化へ踏み出す中、撮影コンセプトや映像技術に捻りが加えられ、これまで見たことのない新たなコンテンツが生まれてきている。その試みが、凸版印刷とアート専門誌『美術手帖』が仕掛ける「サバイブのむすびめ」だ。このプロジェクトの実態や、その背景にはなにがあるのだろうか。


世界的に新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、これまで入場料収入を中心に経営を維持してきた文化芸術団体、劇場、博物館などの事業者は、ジャンルや規模の大小にかかわらず、みな一様に終わりの見えない苦境に立たされている。この状況を打開していくための施策として、文化庁が2020年から展開しているのが、文化芸術収益力強化事業だ。同事業の10ある事務局のひとつとして採択された凸版印刷は、リアルでの公演・展示が難しくなったコンテンツをオンライン化、バーチャル化することで、新たな表現と収益化モデルの創出へとつなげていく実証を行っている。そこで見えてきたソリューションやノウハウを、同じような問題を抱える事業者たちにも共有していくために、凸版印刷はアート専門誌の『美術手帖』と「サバイブのむすびめ」という新たなプロジェクトを立ち上げた。その中心人物である凸版印刷の髙羽将人さんと寺林真綸さん、そして『美術手帖』の田尾圭一郎さんに、このプロジェクトの目的と存在意義を聞いた。

1 / 3p
Feature Culture 芸術鑑賞の方法が変わり、新たなエンタメが誕生。凸版印刷と『美術手帖』が仕掛ける、「サバイブのむすびめ」とは?
Feature Food 【スペシャルムービー】SUNTORY WORLD WHISKY「碧Ao」と尾上菊之助が語る「新しい出会い」とは
Feature Food 【スペシャルムービー】SUNTORY WORLD WHISKY「碧Ao」と尾上菊之助が語る「新しい出会い」とは