Feature Culture 海と自然へのオマージュと、伝統を超えるロイヤル コペンハーゲンの新たな感性
PROMOTION

海と自然へのオマージュと、伝統を超えるロイヤル コペンハーゲンの新たな感性

写真:宇田川 淳 スタイリング:山口友里 文:土田貴宏

ブランドのDNAである海をモチーフとして誕生したテーブルウェア「ハウ」。 その挑戦の姿勢は未来へとつながっていく。

海と自然へのオマージュと、伝統を超えるロイヤル コペンハーゲンの新たな感性

2019年に誕生したテーブルウェア「ハウ」。今年6月、小さめのプレートとジャグが加わった。プレート小(径17㎝)各¥8,800、中(径22㎝)各¥11,000、大(径27㎝)各¥14,300、カラフェ(1.3ℓ)¥30,800、ボウル小(500㎖)¥11,000、中(1.1ℓ)¥19,800、大(3ℓ)¥27,500、マグ(270㎖)¥11,000、ジャグ(260㎖)¥14,300、持ち手の付いたハイブリッドボウル(460㎖)¥44,000/すべてロイヤル コペンハーゲン

ロイヤル コペンハーゲンはデンマークの王立製陶所として1775年に創業した。以来、現在までこの国の王室御用達のテーブルウェアブランドであり、北欧のものづくりの代名詞であり続けている。熟練の手仕事による高度なクオリティと、長い歴史に裏づけられた気高さは、時代に左右されない価値をもつものだ。

ただしロイヤル コペンハーゲンは、常に新しいデザインに取り組むブランドでもある。その伝統の延長線上に名作と呼ぶべきものをいくつも生み出してきた。なかでも近年、最もエポックメイキングなシリーズは「HAV」(ハウ)に違いない。建築事務所「BIG」を率いるデンマークの著名建築家、ビャルケ・インゲルスらによるデザインチーム「KiBiSi」(キビシ)を起用し、ハウが発表されたのは約2年前。それはブルーの花柄で彩られたロイヤル コペンハーゲンのイメージを一新する、きわめて大胆なものだった。


KiBiSi(キビシ)

デンマーク生まれの3人が2009年にスタートしたデザイン・ユニット。家具、日用品、電気製品など、各々の持ち味を活かした幅広いデザインを手がける。

海と自然へのオマージュと、伝統を超えるロイヤル コペンハーゲンの新たな感性

Bjarke Ingels(ビャルケ・インゲルス)●1974年生まれ。ビャルケ・インゲルス・グループ(BIG)代表。レム・コールハースの建築事務所を経て独立し、世界的な建築家として活躍している。

海と自然へのオマージュと、伝統を超えるロイヤル コペンハーゲンの新たな感性

Lars Larsen(ラース・ラーセン)●2005年にキロ・デザインを創業。インダストリアル・デザインを軸に、幅広い企業とコラボレーション。デンマーク製の時計のデザインなども担当。

海と自然へのオマージュと、伝統を超えるロイヤル コペンハーゲンの新たな感性

Jens Martin Skibsted(イェンス・マーティン・スキブステッド)●自身のデザイン事務所で環境に配慮したプロジェクトを数多く手がける。デンマークの自転車ブランド、バイオメガの創業メンバーとしても活動する。

1 / 3p
Feature Culture 海と自然へのオマージュと、伝統を超えるロイヤル コペンハーゲンの新たな感性
Feature Product 3人のクリエイターが語る、新型「Audi A3」から見えてきたデザインの未来
Feature Product 3人のクリエイターが語る、新型「Audi A3」から見えてきたデザインの未来