Feature Culture 価値ある芸術支援プログラム、「ロレックス メントー & プロトジェ アート・イニシアチヴ」を知っていますか?
PROMOTION

価値ある芸術支援プログラム、「ロレックス メントー & プロトジェ アート・イニシアチヴ」を知っていますか?

文:並木浩一

世界中の才能ある若いアーティストたちと各分野の第一人者を結びつけ、一対一の指導を通したクリエイティブなコラボレーションの機会を提供するプログラム、「ロレックス メントー & プロトジェ アート・イニシアチヴ」。世界の注目を集めるその内容をご紹介する。

価値ある芸術支援プログラム、「ロレックス メントー & プロトジェ アート・イニシアチヴ」を知っていますか?

2018-2019年度のメントーとプロトジェたち。左から、サー・デイヴィッド・アジャイとマリアム・カマラ(建築)、コルム・トビーンとコリン・バレット(文学)、クリスタル・パイトとコウディア・トゥーレ(舞踊)、ザキール・フセインとマーカス・ギルモア(音楽)。photo:ⒸRolex/Reto Albertalli

もしあなたが新進のアーティストであったら、その分野で巨匠と認められた芸術家と一対一で、しかも2年もの間、創造的なコラボレーションの機会が与えられることを、にわかに信じられるだろうか。そんな夢を実現しているのが、2002年から始まった「ロレックス メントー & プロトジェ アート・イニシアチヴ」。何世代にもわたってアーティストたちの知識が継承されていくことを目的とするこのプロジェクトは、ロレックスの創立者ハンス・ウイルスドルフの時計製造におけるビジョンや価値観が反映されたユニークな芸術支援活動だ。2年に一度行われ、偉大な指導者(メントー)たちは、それぞれひとりの才能ある生徒(プロトジェ)を選ぶ。芸術の各分野で次の世代に知識の伝承が行われるのだ。濃密な2年間は、師弟関係でもありながら世代を超えた才能が交歓し、ときには熱い意見が交わされ、ひとつの成果に結実していく奇跡的な時間。そしてプログラムの最後には、その出会いなしには生まれ得なかった唯一無二の芸術作品などが「ロレックス アート・ ウィークエンド」で世界に披露されるのだ。

1 / 4p
Feature Culture 価値ある芸術支援プログラム、「ロレックス メントー & プロトジェ アート・イニシアチヴ」を知っていますか?
Feature Product 伝統と革新が導いた次世代の正統派ウォッチ、「ティソ ジェントルマン オートマティック」に日本限定モデルが登場。
Feature Product 伝統と革新が導いた次世代の正統派ウォッチ、「ティソ ジェントルマン オートマティック」に日本限定モデルが登場。