Feature Culture アーティスト・村松亮太郎が語る、新しい生活様式がもたらしたクリエイションと社会の関連性とは。
PROMOTION

アーティスト・村松亮太郎が語る、新しい生活様式がもたらしたクリエイションと社会の関連性とは。

写真:杉田裕一 文:遠藤 匠

2020年4月から全面施行された改正健康増進法により、オフィスや公共の場における喫煙のあり方が変わった現在。成人喫煙者とともに心地よく過ごせる社会とはどんなものなのか。自身の喫煙スタイルの変化を通して、アーティストの村松亮太郎さんに語ってもらった。

アーティスト・村松亮太郎が語る、新しい生活様式がもたらしたクリエイションと社会の関連性とは。

村松亮太郎(アーティスト、NAKED, INC.代表)●俳優活動を経て、1997年にクリエイティブカンパニーNAKED, INC.を設立。映画、TV、広告、MVなどの映像制作に加え、空間演出も手がける。主な作品に東京駅の3Dプロジェクションマッピング『TOKYO HIKARI VISION』、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』のタイトルバック、「第12回渋谷芸術祭2020~SHIBUYA ART SCRAMBLE~」のメインインスタレーション『Breath / Bless Project』などがある。

健康増進法の改正によって、望まない受動喫煙を防止するための配慮がマナーからルールに変わり、カフェやレストランなどの飲食店では原則的に喫煙できないようになった。だが、一定の条件を満たすことで喫煙専用室を設けることができる(※)。喫煙スタイルにも“ニューノーマル”が求められる時代。こうした変化の中で、煙やニオイを抑えながら満足感を得られる加熱式たばこが、新しい選択肢として注目を浴び、喫煙所や専用室で使用できることからも浸透しつつある。果たしてクリエイターは、こうした喫煙スタイルの変化をどう受け止めているのだろうか。アーティストでクリエイティブ集団、NAKED, INC.を率いる村松亮太郎さんに話をうかがった。


※都道府県や市区町村が改正健康増進法以外に独自に喫煙ルールを定めている場合があります。

1 / 2p
Feature Culture アーティスト・村松亮太郎が語る、新しい生活様式がもたらしたクリエイションと社会の関連性とは。