Feature Culture 映画監督・白石和彌×音楽プロデューサー・松隈ケンタのトークショーが実現!【Penクリエイター・アワード2019】

映画監督・白石和彌×音楽プロデューサー・松隈ケンタのトークショーが実現!【Penクリエイター・アワード2019】

2019年に輝かしい功績を残したクリエイター9名にフォーカスする「Penクリエイター・アワード2019」。受賞者のひとり、映画監督・白石和彌のトークショーが決定! ゲストにガールズグループBiSHなどの音楽を手がける松隈ケンタを招き、熱いクリエイション談義を繰り広げる。

映画監督・白石和彌×音楽プロデューサー・松隈ケンタのトークショーが実現!【Penクリエイター・アワード2019】

白石和彌●1974年、北海道生まれ。若松孝二に師事し、助監督を務める。2010年に初長編『ロストパラダイス・イン・トーキョー』を発表。代表作に、国内の映画賞を総なめにした『凶悪』(13年)、『彼女がその名を知らない鳥たち』(17年)、『孤狼の血』(18年)など。Twitter:@shiraishikazuya

いまや人気俳優やプロデューサーから「タッグを組みたい監督」としてラブコールが引きも切らない映画監督・白石和彌。2019年は『麻雀放浪記2020』『凪待ち』『ひとよ』と3作品を立て続けに発表し、その勢いはとどまるところを知らない。

今回、「Penクリエイター・アワード2019」受賞に伴い、Pen Online特別企画として白石のトークショーの開催が決定。ゲストに“楽器を持たない”ガールズパンクバンド、BiSHなどの楽曲を手がける音楽プロデューサー、松隈ケンタを招いての対談が実現する。

発売中の「クリエイター・アワード2019」特集のQ&Aで、好きな音楽アーティストにBiSHを挙げているように、もともと白石は松隈がつくり出すサウンドのファンだったという。映画と音楽というフィールドでそれぞれ活躍するふたりの、熱いクリエイション談義を聞ける貴重な機会になるはずだ。


概要

開催日時:2020年1月31日(金)19時~20時30分終了予定(開場18時30分)
開催場所:目黒セントラルスクエア 6Fカフェスペース
(〒141-8205 東京都品川区上大崎3-1-1)
定員:60名 
参加費:無料


参加方法

下記応募フォームからお申込みください。
https://www.cccmh.jp/form/pub/cccmh/pen_200131
※ ご応募にはCCCメディアハウスの会員登録が必要です。


応募締切

2020年1月19日(日)23時59分


注意事項

※ 応募が定員を超えた場合は厳正なる抽選のうえ、1月20日(月)以降に弊社より当選者様に差し上げるメールをもって、発表と代えさせていただきます。
※ 後日レポート記事をPen Onlineで公開するため、トークショー及びイベントの様子を撮影する場合があります。予めご了承ください。
※ 会場までの交通費等は参加者ご負担となります。
※ 駐車スペースはご用意しておりません。
※ イベントの内容は諸般の事情により、一部変更する場合がございます。


主催:Pen Online(CCCメディアハウス)
問い合わせ先:pen@cccmh.co.jp

映画監督・白石和彌×音楽プロデューサー・松隈ケンタのトークショーが実現!【Penクリエイター・アワード2019】

松隈ケンタ●1979年、福岡県生まれ。音楽制作集団SCRAMBLES代表。ロックバンド、Buzz72+を率いて上京後、2005年にメジャーデビュー。バンド活動休止後に作詞・作曲家としてアーティストへの楽曲提供を始め、柴咲コウ、中川翔子、BiS、BiSHなど数多くのアーティストを手がける。Twitter:@kenta_matsukuma

Feature Culture 映画監督・白石和彌×音楽プロデューサー・松隈ケンタのトークショーが実現!【Penクリエイター・アワード2019】
Feature Fashion グッチの世界で自分好みの服をつくる、「GUCCI DIY」プログラムを知っているか?
Feature Fashion グッチの世界で自分好みの服をつくる、「GUCCI DIY」プログラムを知っているか?