Feature Culture LAに拠点を移したNulbarich、ニューアルバム『NEW GRAVITY』はどう生まれたか?

LAに拠点を移したNulbarich、ニューアルバム『NEW GRAVITY』はどう生まれたか?

写真:齋藤誠一 文:加藤一陽(ソウ・スウィート・パブリッシング) スタイリスト:高橋ラムダ

2年2ヶ月ぶりのニューアルバム『NEW GRAVITY』をリリースしたNulbarich(ナルバリッチ)。キャリア初の2枚組となった本作は、コロナ禍をきっかけに生まれた世界の"ニュースタンダード"に向き合いながら制作されたという。ボーカルでありバンドのトータルプロデュースを行うJQに、制作過程や昨年移住したLAでの出来事について話を聞いた。

LAに拠点を移したNulbarich、ニューアルバム『NEW GRAVITY』はどう生まれたか?

JQ●Nulbarich(ナルバリッチ)のボーカルとトータル・プロデュースを手がける。2016年10月、1st ALBUM「Guess Who?」リリース。2019年12月にはさいたまスーパーアリーナでワンマンライブ「Nulbarich ONE MAN LIVE -A STORY-」を成功させる。2020年から、拠点をアメリカ・ロサンゼルスへと移す。ジャケット¥48,180(税込)、パンツ¥32,780 (税込)/すべてR.M GANG(アイリィTEL:03-5925-8326)

繊細な感覚をキャッチするために、一旦自分をボロボロにする


──2年2カ月ぶりのフルアルバムになりました。アメリカに移住して制作されたとのことで、いろいろな意味で環境の変化を経て完成した作品になったと思います。まずはこの2年間について教えていただけますか。

2019年12月にさいたまスーパーアリーナでワンマンライブをやったんですけど、実はあの日に向けて、自分たちの中で「ちゃんとプロとしてやっていこう」という感じが強くなったんです。というのはその前年に、結成から2年ほどで日本武道館に立たせてもらって。それまでは、友達と集まって好きな音楽をやり、デビューしてつくった曲をラジオなどで取り上げてもらい、知らないうちに聴いてくれている人がたくさんできてきた中で、「バンドがある程度の規模になっているにもかかわらず、この感じ、ダメじゃね?」って思ってしまって。

何万人もの前でライブをやっているのに「いや、僕らなんて」って言っていても、それはそれでムカつく奴になっちゃう。スタンスは変わらなくても、ちゃんとプロとしての自覚みたいものをもっておかなきゃなって思うようになったんですよね。それで自分たちを振り返った時に、「やっぱりいろいろ足んないね、俺ら」って。スキルもそうだし。

──プロとしてのマインドを意識し始めたんですね。

日々感じるものを新鮮にしたくて武者修行に行くことにしたんです。あのままズルズル「空いている時間に友達と遊んで」みたいな暮らしをしていても成長しないと思ったし、どうせだったら毎日新鮮なインプットがあったほうがいい。となると、文化も言語もまったく異なる海外に行くのが一番早いんじゃないかと。僕はアメリカが好きだから、“いちばん近いアメリカ”ってことでロサンゼルスに住むことにしたんです。で、楽しみにして行ったはいいんですけど、2、3カ月くらいで街がコロナでロックダウンしてしまって。

当初は日本とLAを行き来して活動しようと思っていたのに、軒並みライブも中止になった。そうなると日本に帰る理由もないし、スタッフ的にも“帰ってこない方がいいんじゃない感”を感じたんで(笑)、友達の結婚式で1回帰った以外はずっと向こうにいました。すると、今度はブラック・ライブズ・マターが起こって。僕、家が近いこともあって、メルローズの古着屋に行くのを楽しみにしてたんですよ。でもBLMでプロテストが起きて、すべて古着が盗られるという。道では車が燃えているし。

──そういった状況の中で作っていった曲が、アルバムとしてまとまったということですね。

そうですね。お店なんて薬局とスーパーしか開いていないし、公園もクローズして。夜、外を出歩くだけで捕まっちゃう。だからやることが本当になくて、「曲聴くか、曲書くか」みたいな感じでしたから。あとはラジオを聴いたりテレビを見たり。

──そうやって時間ができたことで、かえって曲作りに集中できたりは?

いや、僕、普段から曲をつくるのがけっこうしんどいというか、出来上がるまでずっと苦痛なんです。というのは、繊細な感覚をキャッチするために、一旦自分をボロボロにする必要があって、あえて“満たされていない状況”をつくるんです。だからすごく病む。でも、曲ができた瞬間はとてつもなく幸せというか、報われる。そんな感じだから、燃料というか、ガソリンが必要なんです。普段はライブをやって、そこでお客さんからガソリンをもらっていました。やっぱりライブは楽しいし、曲の作り方もライブを想定していて、ステージが大きくなると、音のスケール感も変わっていく。

でも今回はライブができないし、聴く人を想像できない中でつくっていたから、その意味でもしんどかったですね。当然だけど、ライブを想定した曲が少ないですし、スタジオにも行けないから爆音でつくれないので、本当にリビングでつくっていった。そういういろいろなことが重なって、音の数が少ないシンプルなアレンジで、単純に声や歌を届けにいくようなアルバムになりました。意図的ではなかったけれど、「まあ、こういう状態でつくればこうなるよね」って。


【関連記事】現代の”シティポップを担う、煌めく才能たち。Vol.1

1 / 3p
Feature Culture LAに拠点を移したNulbarich、ニューアルバム『NEW GRAVITY』はどう生まれたか?
Feature Product 【Time-Limited Talks Vol.1】池内博之(俳優)×⼟井地 博(ビーアット代表取締役)が語る、ハ...
Feature Product 【Time-Limited Talks Vol.1】池内博之(俳優)×⼟井地 博(ビーアット代表取締役)が語る、ハ...