Feature Culture 誕生50周年を迎えた名機、タグ・ホイヤー 「モナコ」をめぐる数奇な運命とは。

誕生50周年を迎えた名機、タグ・ホイヤー 「モナコ」をめぐる数奇な運命とは。

写真:齋藤暁経 文:笠木恵司

タグ・ホイヤー「モナコ」の誕生50周年を記念した、特別限定モデルが9月末に東京で発表された。多くの時計好きに愛されるモデルだが、それまでに数奇ともいえる歴史があったことをご存じだろうか。

誕生50周年を迎えた名機、タグ・ホイヤー 「モナコ」をめぐる数奇な運命とは。

「モナコ」誕生50周年を記念して、直営ブティック「エスパス タグ・ホイヤー表参道」で特別エキシビションが開催された。

タテ・ヨコともに39㎜のスクエアケースに、鮮やかなブルーダイヤルのクロノグラフ。1969年に登場したホイヤー「モナコ」は、現代の眼で見ても、アヴァンギャルドというほかないだろう。クロノグラフのプッシュボタンはケース右側にあるのに、リューズは左側というスタイルも独特。あまりにも斬新だったためか、同年3月にニューヨークとジュネーブで同時開催された発表会での反応は、冷ややかだったという。

【関連記事:スティーブ・マックイーンが愛した大人の定番、「ホイヤー モナコ」

しかしながら、角形防水ケースに自動巻きクロノグラフという2つの「世界初」を備えた本格派だけに、脚光を浴びるまでにそれほどの時間はかからなかった。ところが、79年に販売終了。ブランドがホイヤーからタグ・ホイヤーと名称を改めた後の98年に復活し、今年で誕生50周年を迎えたのである。

1 / 3p
Feature Culture 誕生50周年を迎えた名機、タグ・ホイヤー 「モナコ」をめぐる数奇な運命とは。