Feature Culture 日本を知る衝撃を世界へ、「ジャパン・ハウス」という新たな試み。
PROMOTION

日本を知る衝撃を世界へ、「ジャパン・ハウス」という新たな試み。

写真:杉田裕一(p2~3)、花屋健昭(p3) 文:猪飼尚司

テクノロジーからファッション、食、建築・デザインに至るまで、日本には豊かで美意識に富んだ文化があふれています。こうした日本の魅力を世界に向けて積極的に発信するプラットフォーム「ジャパン・ハウス」が、ロンドン、ロサンゼルス、サンパウロの3都市を拠点として、本格的に始動します。

日本を知る衝撃を世界へ、「ジャパン・ハウス」という新たな試み。

他の2都市に先駆け、2017年4月に「ジャパン・ハウス サンパウロ」がオープン。記念すべき開館初日には、7000人もの来場者が訪れた。©ジャパン・ハウス サンパウロ事務局

「日本は遠くて、物価が高い」という印象から、かつては海外からこの国を訪れる人はそれほど多くありませんでした。しかし21世紀に入り、インバウンドは大きく成長。いまや日本のあらゆる観光地で、外国人の姿を見ることができます。それでも未だにステレオタイプで古式ゆかしい日本の姿を追い求める人も多く、現代の日本が誇るハイレベルな文化が確実に世界に浸透しているとは言いがたいように思われます。そこで、より深く、より多くの人々に本質的な日本の姿を理解してもらうプラットフォームとして、外務省がスタートさせたプロジェクトが「ジャパン・ハウス」なのです。

このジャパン・ハウスは、ギャラリーやシアター、セレクトショップ、レストラン、ライブラリーを備えた複合的な文化・商業施設です。各方面で活躍するクリエイターや企業、自治体などとタッグを組みながら、ハイカルチャーとサブカルチャー、最新テクノロジーと伝統的な職人技などを、多様な要素を複層的にかけ合わせながら、刺激的な日本の情報をていねいに発信していきます。この活動は、海外へアピールするためだけのものではありません。日本人自身が自国の魅力を改めて見つめ直し、新たな視点や解釈を創出することも大きな目的です。

Feature Culture 日本を知る衝撃を世界へ、「ジャパン・ハウス」という新たな試み。

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。