Feature Culture 自然に学ぶ食とデザイン。レストラン「イヌア」のためにつくられた、北欧と日本の美をもった椅子。

自然に学ぶ食とデザイン。レストラン「イヌア」のためにつくられた、北欧と日本の美をもった椅子。

写真:湯浅 亨 文:山田泰巨

デンマーク・コペンハーゲンのレストラン「ノーマ(NOMA)」の遺伝子を受け継ぐ、話題のレストラン「イヌア(INUA)」。内装を手がけたのはコペンハーゲンを拠点に日本でも活躍するOEOスタジオのトーマス・リッケ。イヌアのためにデザインした椅子「ジャリ(JARI)」、日本の四季にインスパイアされた食、そして日本と北欧の融和を図ったインテリアについて話を聞きました。

自然に学ぶ食とデザイン。レストラン「イヌア」のためにつくられた、北欧と日本の美をもった椅子。

自らがデザインした椅子「ジャリ」とともに立つのがOEOスタジオのトーマス・リッケ。

2003年の開店以来、その独創的で革新性にあふれる料理で世界の食のトレンドを大きく変えたデンマーク・コペンハーゲンのレストラン「ノーマ」。そこでユニークな料理を開発しつづけたシェフ、トーマス・フレベルが18年6月、東京・飯田橋にレストラン「イヌア」をオープンさせました。内装を手がけたのはコペンハーゲンを拠点に日本でも活躍するOEOスタジオのトーマス・リッケです。フレベルが日本の四季にインスパイアを受けた料理を提供すると語るように、リッケもまたデザインにおいて、日本と北欧の融和を図ったと言います。

インテリアはもちろんのこと、リッケはイヌアのために特別な椅子をデザインしました。「ジャリ」と名付けられた椅子は、コペンハーゲン近郊に工房を構えるクルーガー・ブラザーズが一点ずつ手で仕上げてつくられています。この秋に来日したリッケに、インテリアと椅子に込めた思いを聞きました。

Feature Culture 自然に学ぶ食とデザイン。レストラン「イヌア」のためにつくられた、北欧と日本の美をもった椅子。