Feature Culture 江戸川乱歩が愛した、半径2km圏内の“モダン東京”とは?【速水健朗の文化的東京案内。上野篇③】

江戸川乱歩が愛した、半径2km圏内の“モダン東京”とは?【速水健朗の文化的東京案内。上野篇③】

文:速水健朗 写真:安川結子 イラスト:黒木仁史

“スクラップ・アンド・ビルド”を繰り返してきた、東京という街の歴史。そこで埋もれてしまった景色を、ライターの速水健朗さんが過去のドラマや映画、小説などを通して掘り起こす。今回は江戸川乱歩作品で描かれてきた上野を、当時の時代背景とともにひも解いていく。

江戸川乱歩が愛した、半径2km圏内の“モダン東京”とは?【速水健朗の文化的東京案内。上野篇③】

速水健朗(はやみず・けんろう)●1973年、石川県生まれ。ライター、編集者。文学から映画、都市論、メディア論、ショッピングモール研究など幅広く論じる。著書に『東京どこに住む?』『フード左翼とフード右翼』などがある。

明治維新後、日本初の西洋式公園として1873年に誕生した上野公園は、内国勧業博覧会などの国家的イベントが開催される場となった。そんなかつての華やかな東京の一面を切り取っていたのが、小説家の江戸川乱歩だ。乱歩がモダン東京として度々描いてきたのは上野である。明治期から昭和初期にかけての都市開発との関係も含め、速水さんが当時の上野について話してくれた。


前回【上野篇②“ニューノーマル”を拒んだ若者たちが出向いた、知られざる上野戦争。】はこちら

1 / 3p
Feature Culture 江戸川乱歩が愛した、半径2km圏内の“モダン東京”とは?【速水健朗の文化的東京案内。上野篇③】