Feature Culture 『JR上野駅公園口』から見える、文化の分断・交流する上野駅。【速水健朗の文化的東京案内。上野篇①】

『JR上野駅公園口』から見える、文化の分断・交流する上野駅。【速水健朗の文化的東京案内。上野篇①】

文:速水健朗 写真:安川結子 

"スクラップ・アンド・ビルド"を繰り返す東京の街の歴史を、ライターの速水健朗さんが案内。過去のドラマや映画、小説などを通し、埋もれた風景を掘り起こす。約1年ぶりとなる今回は上野エリア。多様な文化が混じり合うこの地は、どのような変遷をたどってきたのだろうか。

『JR上野駅公園口』から見える、文化の分断・交流する上野駅。【速水健朗の文化的東京案内。上野篇①】

速水健朗(はやみず・けんろう)●1973年、石川県生まれ。ライター、編集者。文学から映画、都市論、メディア論、ショッピングモール研究など幅広く論じる。著書に『東京どこに住む?』『フード左翼とフード右翼』などがある。

戦後の闇市の匂いを残したアメ横が存在する一方、上野公園には数多の美術館が立ち並ぶなど、異なる顔をもつ街、上野。駅の周辺を散策した速水さんは、アメ横側と公園側に見える分断について考察。さらに上野が歴史的に担ってきた役割、東北とのつながり、独特な駅の構造などを、ふたつの小説を引き合いに出しながら語ってくれた。

1 / 3p
Feature Culture 『JR上野駅公園口』から見える、文化の分断・交流する上野駅。【速水健朗の文化的東京案内。上野篇①】
Feature Product 【Time-Limited Talks Vol.1】池内博之(俳優)×⼟井地 博(ビーアット代表取締役)が語る、ハ...
Feature Product 【Time-Limited Talks Vol.1】池内博之(俳優)×⼟井地 博(ビーアット代表取締役)が語る、ハ...