Feature Culture 『ノルウェイの森』で描かれた新宿駅西口の地下通路は、副都心計画のカギだった。【速水健朗の文化的東京案内。西新宿篇③】

『ノルウェイの森』で描かれた新宿駅西口の地下通路は、副都心計画のカギだった。【速水健朗の文化的東京案内。西新宿篇③】

文:速水健朗 写真:安川結子 イラスト:黒木仁史

ライターの速水健朗さんが、過去のドラマや映画、小説などを通して東京の埋もれた歴史を掘り起こす。新宿副都心計画で最初に進められたのは、意外にも超高層ビルではなく広場だった。いまの西新宿を形成した広場の歴史をひも解くと、そこから激動の時代の痕跡が見えてきた。

『ノルウェイの森』で描かれた新宿駅西口の地下通路は、副都心計画のカギだった。【速水健朗の文化的東京案内。西新宿篇③】

速水健朗(はやみず・けんろう)●1973年、石川県生まれ。ライター、編集者。文学から映画、都市論、メディア論、ショッピングモール研究など幅広く論じる。著書に『東京どこに住む?』『フード左翼とフード右翼』などがある。

西新宿篇の最後に速水さんが訪れたのは、小田急百貨店や京王百貨店と連結した、新宿駅の西口地下に広がる「新宿駅西口広場」だ。駅や百貨店をつなぐ連絡通路にしか見えないが、都市計画の上で重要な場所であり、政治的な意図により名称が書き換えられた歴史があることを知っているだろうか。西新宿に配置された、広場の秘密を明かしていこう。

1 / 3p
Feature Culture 『ノルウェイの森』で描かれた新宿駅西口の地下通路は、副都心計画のカギだった。【速水健朗の文化的東京案内。西新宿篇③】
Feature Product いまを生きる男たちに似合う、「ハミルトン」というスタイル ①アメリカンクラシック編
Feature Product いまを生きる男たちに似合う、「ハミルトン」というスタイル ①アメリカンクラシック編