Feature Culture 銀座の歩行者天国は、新たな時代をつくる広告塔だった。【速水健朗の文化的東京案内。銀座篇①】

銀座の歩行者天国は、新たな時代をつくる広告塔だった。【速水健朗の文化的東京案内。銀座篇①】

文:速水健朗 写真:安川結子

スクラップ・アンド・ビルドを繰り返す東京を、ライターの速水健朗さんが案内。過去のドラマや映画、小説などを通し、埋もれた歴史を掘り起こしていく。今回は銀座エリア。1970年に開始された中央通りの歩行者天国から、知られざる銀座の姿が語られる。

銀座の歩行者天国は、新たな時代をつくる広告塔だった。【速水健朗の文化的東京案内。銀座篇①】

速水健朗(はやみず・けんろう)●1973年、石川県生まれ。ライター、編集者。文学から映画、都市論、メディア論、ショッピングモール研究など幅広く論じる。著書に『東京どこに住む?』『フード左翼とフード右翼』などがある。

過去の映画やドラマを通し、埋もれた東京を紹介するこの連載。今回訪れたのは、銀座エリアだ。”銀座”と言われて多くの人が思い浮かべるのは、老舗の喫茶店やバーなどノスタルジックな店だろうか。 速水さんが最初に向かったのは、中央通りの歩行者天国。「銀座の歩行者天国が始まったのは1970年。当時の様子から、銀座がどのような場所だったのかを解説します」。これまで他の銀座案内では触れられてこなかった、予想外の一面が見えてきそうだ。

1 / 3p
Feature Culture 銀座の歩行者天国は、新たな時代をつくる広告塔だった。【速水健朗の文化的東京案内。銀座篇①】