Feature Culture 向田邦子や村上春樹が過ごした、千駄ヶ谷の風景を訪ね歩く。【速水健朗の文化的東京案内。外苑篇④】

向田邦子や村上春樹が過ごした、千駄ヶ谷の風景を訪ね歩く。【速水健朗の文化的東京案内。外苑篇④】

文:速水健朗 写真:安川結子 イラスト:黒木仁史

スクラップ・アンド・ビルドを繰り返す東京を、ライターの速水健朗さんが案内。過去のドラマや映画、小説などを通して、埋もれた歴史を掘り起こす。今回は千駄ヶ谷の地にゆかりのある、ふたりの作家が見た街の景色を改めて巡ってみた。

向田邦子や村上春樹が過ごした、千駄ヶ谷の風景を訪ね歩く。【速水健朗の文化的東京案内。外苑篇④】

速水健朗(はやみず・けんろう)●1973年、石川県生まれ。ライター、編集者。文学から映画、都市論、メディア論、ショッピングモール研究など幅広く論じる。著書に『東京どこに住む?』『フード左翼とフード右翼』などがある。

これまで3回にわたり、神宮外苑の成り立ちや国立競技場の歴史、1964年の東京五輪に対する見方などを紹介してきた。今回は少し趣向を変え、千駄ヶ谷の街を歩いてみたい。この地にゆかりのある向田邦子や村上春樹が残した足跡を、速水さんが辿ってみた。

1 / 3p
Feature Culture 向田邦子や村上春樹が過ごした、千駄ヶ谷の風景を訪ね歩く。【速水健朗の文化的東京案内。外苑篇④】
Feature Product 写真家・保井崇志が語る、自由な旅が教えてくれた新型「アウディ A1」の魅力。
Feature Product 写真家・保井崇志が語る、自由な旅が教えてくれた新型「アウディ A1」の魅力。

次号予告

なぜ世界は、このブランドに憧れるのか?

オニツカタイガー 完全読本。