Feature Culture 魂震える歌舞伎体験、公演中の市川猿之助が語る『日蓮ー愛を知る鬼(ひと)ー』

魂震える歌舞伎体験、公演中の市川猿之助が語る『日蓮ー愛を知る鬼(ひと)ー』

写真・文:藤井麻未 提供写真:松竹(株) 

不穏な靄が立ち込める、夜更けの比叡山延暦寺。緊迫感に包まれた冒頭から途端に観客を惹き込むのは、現在公演中の歌舞伎『日蓮』だ。その内容は、仏教を扱いながらも、ありがちな宗教説話とは非なるもの。燃える情熱と深い慈愛を持ち合わせた若き僧侶の生き様は、観る者の魂をも震わせる。主演・演出を務める市川猿之助に話を伺った。

魂震える歌舞伎体験、公演中の市川猿之助が語る『日蓮ー愛を知る鬼(ひと)ー』

公演について語る市川猿之助。©松竹(株)

理想に燃える若き日蓮、その源流


日蓮は、千葉県安房小湊の漁師の家に産まれた。幼名を「善日丸(ぜんにちまる)」という。幼い頃から頭のよかった善日丸は、近くの天台宗寺院・清澄寺に出され、仏道修行や学問の習得に励んだ。16歳で出家した後は名を「蓮長(れんちょう)」と改め、当時最先端の学問が集まる比叡山へと遊学する。しかしそこで目の当たりにしたのは、あらゆる疫病、災害、争乱に苦しむ人々を救うことのできない僧侶たちの姿であった。

この世に存在するすべての経典を学び尽くし、辿り着いた答えとは・・・苦しむ人々を前に苦悶する蓮長は、やがて「日蓮」と名を改め法華経流布に生涯を捧げる決意をする。市川猿之助主演・演出、横内謙介構成・脚本・演出による今作品は、理想に燃えて比叡山をあとにするまでの若き僧侶の心の葛藤を鮮やかに描く。

魂震える歌舞伎体験、公演中の市川猿之助が語る『日蓮ー愛を知る鬼(ひと)ー』

澤瀉屋 四代目 市川猿之助(いちかわ・えんのすけ)●立役から女方まで幅広く活躍。スーパー歌舞伎の創始者である伯父・猿翁のパイオニア精神を受け継ぎ、スーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』をはじめ類まれなるプロデュース力を発揮。確かな実力と並外れた身体能力で、最も目が離せない花形歌舞伎役者のひとりである。活動の場は歌舞伎だけでなく、2020年には日曜劇場『半沢直樹』(TBS)で伊佐山泰二役を務め熱演が話題に。映画『ザ・マジックアワー』TVドラマ『龍馬伝』(NHK)『JIN-仁-』(TBS)等、数多くの作品に出演している。©松竹(株) 

魂震える歌舞伎体験、公演中の市川猿之助が語る『日蓮ー愛を知る鬼(ひと)ー』

市川猿之助扮する蓮長後に日蓮。©松竹(株) 

公演中盤を迎え、連日舞台に立つ猿之助は客席からの確かな熱量を感じ取っているようだ。

「お客様は、物語に集中して頂いているなと感じています。今回は古典の歌舞伎と違って、見得があって、拍手があってというものとは違います。その分なのか、お客様が聞こうとなさっているのがよくわかります」

日々舞台をやっていくなかで細かな手直しは欠かさず、現場レベルで常に改良が加えられてゆくという『日蓮』。幕が開いた瞬間から、観客は熱を帯びた眼差しで終始舞台に釘付けになる。その秘密はなんなのか。猿之助本人の言葉から、歌舞伎『日蓮』の魅力を紐解いてゆく。


【関連記事】初心者のための完全ガイド そろそろ、歌舞伎でも。


1 / 3p
Feature Culture 魂震える歌舞伎体験、公演中の市川猿之助が語る『日蓮ー愛を知る鬼(ひと)ー』
Feature Culture 【らしく、美しく暮らす──。】Vol.2 左官職人・久住有生が語る、落ち着いた大人の街「白金」の魅力
Feature Culture 【らしく、美しく暮らす──。】Vol.2 左官職人・久住有生が語る、落ち着いた大人の街「白金」の魅力