Feature Culture ジョンとヨーコの軌跡をたどる過去最大規模の展覧会、『ダブル・ファンタジー』が日本上陸。

ジョンとヨーコの軌跡をたどる過去最大規模の展覧会、『ダブル・ファンタジー』が日本上陸。

写真:奥山智明 文:佐野慎悟

ソニーミュージック六本木ミュージアムで開催中の『ダブル・ファンタジー ジョン&ヨーコ』は、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの宿命的な出会いと互いにクリエイティビティを刺激し合った過程を振り返る展覧会。多数の貴重な資料で埋め尽くされた会場を、ビートルズ研究家の藤本国彦さんと巡った。

ジョンとヨーコの軌跡をたどる過去最大規模の展覧会、『ダブル・ファンタジー』が日本上陸。

展覧会のイメージビジュアルとして選ばれたのは、アルバム『アビイ・ロード』のカバー写真でも有名な、フォトグラファーのイアン・マクミランが撮影したジョンとヨーコの写真。ミュージアムの正面に、ポスターが大々的に掲出されている様は圧巻だ。

ジョン・レノンの生誕80周年である今年、Pen本誌でも年始早々に大々的なジョン・レノン特集を組んで大きな反響を得たが、今年は世界各地で大小さまざまなイベントが行われているレノン・イヤーだ。その規模感や内容的に見ても、名実ともにハイライトでありクライマックスと言えるのが、ジョン・レノン80回目の誕生日にあたる10月9日(金)より、来年1月11日(月)までソニーミュージック六本木ミュージアムで開催中の展覧会、『ダブル・ファンタジー ジョン&ヨーコ』だ。2018年の5月から19年の11月まで、ジョンの故郷のイギリス・リバプール博物館で開催された過去最大規模の展覧会が、ついに日本上陸を果たした。リバプールでの展示にも訪れたというビートルズ研究家の藤本国彦さんとともに、注目の展覧会の見どころを探った。

ジョンとヨーコの軌跡をたどる過去最大規模の展覧会、『ダブル・ファンタジー』が日本上陸。

展覧会の冒頭部分は、ジョンが少年時代に残したドローイングや、ヨーコの詩集などの展示とともに、それぞれの生い立ちを振り返る内容だ。ジョンは17歳でアートスクールに通い始めるはるか以前から、常に創作活動を行っていた。

ジョンとヨーコの軌跡をたどる過去最大規模の展覧会、『ダブル・ファンタジー』が日本上陸。

リバプールから9,000kmも離れた東京で、ヨーコはジョンが生まれる7年前の1933年に生を受けた。時系列で進む展示でヨーコとジョンが出会うパートでは、ヨーコのサングラスとジョンの丸眼鏡が、しっかりと見つめ合うように展示された。

この展覧会最大の特徴は、ジョン・レノンとオノ・ヨーコ、ふたりの表現者の人生を大量の私物やアートとともに振り返りながら、そのふたつの線がもつれ合い、やがて世界を巻き込む一大センセーションを巻き起こしていく様子が、ありのままに時系列で表現されている点だ。オノ・ヨーコ自身が展覧会に深く関わり私物の公開に協力したこともあり、本邦初公開となる貴重な展示品も多い。リバプールでの展示と今回の展示を見比べながら、藤本さんは率直な感想を語った。

「このミュージアムは初めて訪れましたが、ポスターを大きく掲出した外観も圧巻ですし、中もスペースが広くてとてもいいですね。時系列で進んでいく展示方法も、リバプールの時よりも断然観やすくなっています。しかしこれだけのものが綺麗に残されていたことには、つくづく驚かされるばかりです。ジョンとヨーコという人物をより深く理解するための大変貴重な資料の数々を、実際にこの目で観られる機会はそうそうありません」

ジョンとヨーコの軌跡をたどる過去最大規模の展覧会、『ダブル・ファンタジー』が日本上陸。

ジョンがグラマー・スクールのクオリー・バンク校在学中の15歳の時に、ひとりでイラストや文章を書き上げた手作り本『Daily Howl』。右はジョンが23歳の時に初めて上梓した絵本。『絵本ジョン・レノンセンス』の邦題で知られる。

ジョンとヨーコの軌跡をたどる過去最大規模の展覧会、『ダブル・ファンタジー』が日本上陸。

1966年のジョンとヨーコの出会いの場となった、ロンドンのインディカ・ギャラリーでのヨーコの個展の風景を忠実に再現。ジョンのように脚立に登ることはできないが、天井に書かれた”YES”の文字の小ささに、虫眼鏡の必要性を納得させられる。

まず会場に足を踏み入れると、ジョンとヨーコ、それぞれの生い立ちを紹介するパートから展示が始まる。ジョンの幼少期を振り返ってみると、彼が音楽を始めるずっと以前から、常に表現者であり、アーティストであったことに気づかされるだろう。

「ジョンは子どもの頃から多くのイラストやドローイングを描いていて、それを観ると、人や物事を観察する才能や、皮肉な表現で大人を茶化すセンスなど、すでに表現者としての素養が備わっていることがわかります。特にジョンが15歳の時に自分ひとりでイラストと文章を書いて、同人誌のような形にした『Daily Howl』は本当に完成度が高く、いま観ても純粋に楽しめます」

そういった音楽以外の展示内容、特に彼のドローイングや言葉の表現に触れていくことで、後に前衛アーティストであるオノ・ヨーコと深く共鳴していく過程を理解しやすくなっている。

1 / 3p
Feature Culture ジョンとヨーコの軌跡をたどる過去最大規模の展覧会、『ダブル・ファンタジー』が日本上陸。
Feature Product シェフ・小林圭が考える、時と料理の美しい関係。
Feature Product シェフ・小林圭が考える、時と料理の美しい関係。