Feature Culture アイヌの伝統を現代に継ぐ、ビームス「フェニカ」のクラフトアイテム

アイヌの伝統を現代に継ぐ、ビームス「フェニカ」のクラフトアイテム

写真:永井泰史(portrait)、宇田川淳(still life) 文:牧野容子

“デザインとクラフトの橋渡し”をテーマとする、セレクトショップ「ビームス」のレーベル「フェニカ」。アイヌの伝統を受け継ぐつくり手たちとコラボレートして、現代のくらしに合わせたクラフトアイテムが完成しました。

アイヌの伝統を現代に継ぐ、ビームス「フェニカ」のクラフトアイテム

ジュエリー作家のAgueさんがつくるクマの手を模したシルバーのリング。「フェニカ」のシンボルマークのツバメが刻印されている。

アイヌの伝統工芸の技術を活かし、現代の暮らしに合わせたものづくりを行なおうと、2年前にスタートした今回のプロジェクト。「フェニカ」でディレクターを務めるテリー・エリスさんと北村恵子さんが、阿寒湖のアイヌコタンを中心に北の大地で暮らすアーティストたちと試行錯誤を重ねてつくり上げてきたクラフトが完成し、東京に勢揃いします。つくり手を訪ねる旅のレポートに続いて、今回はそれぞれの新作とつくり手を詳しく紹介します。


前編記事:アイヌ クラフトを探して、ビームス「フェニカ」と北海道・阿寒湖へ。

1 / 4p
Feature Culture アイヌの伝統を現代に継ぐ、ビームス「フェニカ」のクラフトアイテム