Feature Culture “世界一の公共図書館”は、なぜフィンランドから選ばれたのか? その理由を探るためヘルシンキを訪れた。

“世界一の公共図書館”は、なぜフィンランドから選ばれたのか? その理由を探るためヘルシンキを訪れた。

写真・文:中島良平

550万人の人口に対して、年間に6800万冊の本が図書館で貸し出されているというフィンランド。2018年に開館したヘルシンキ中央図書館が斬新な建築と優れた設備で話題になると、他の図書館も改めて来館者を集めるようになったという。ヘルシンキで3つの図書館を訪れ、その魅力と背景を探った。

“世界一の公共図書館”は、なぜフィンランドから選ばれたのか? その理由を探るためヘルシンキを訪れた。

10万冊の書籍が並ぶヘルシンキ中央図書館3階のコンセプトは「本の天国」。背の低いアルミ製の本棚を採用したのは、空間の圧迫感をなくすことと、車椅子の来場者もすべての本を簡単に手に取れることを考慮して。

2018年12月にオープンし、翌年には国際図書館連盟(IFLA)主催の「2019年公共図書館アワード(2019 Public Library of the Year Award)」を受賞したヘルシンキ中央図書館「Oodi(オーディ)」。フィンランド独立100周年を祝う国家プロジェクトのひとつとして、また国民への贈り物として、国会議事堂と対面する場所に建設された図書館だ。フィンランド語の「Oodi」が意味するのは、古代ギリシャ劇で神の栄光や人の功績を称えるために歌われる「頌歌(しょうか)」。表現と言論の自由や教育機会の均等を約束する民主主義国家の独立100周年を祝い、文化と芸術を愛する国民を称える意図が名前に込められている。そして、この「Oodi」は洗練された建築デザインも非常に魅力的だが、従来の図書館の枠組みを大きく超えた機能性も話題となっている。

1 / 5p
Feature Culture “世界一の公共図書館”は、なぜフィンランドから選ばれたのか? その理由を探るためヘルシンキを訪れた。
Feature Product プライベート空間に極上の映像美を表現する、LGの48インチ有機ELテレビ
Feature Product プライベート空間に極上の映像美を表現する、LGの48インチ有機ELテレビ

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。