Feature Art 世界初公開の新作も登場! 欧州の前衛芸術ネットワーク「ゼロ」と共鳴した、知られざる草間彌生。

世界初公開の新作も登場! 欧州の前衛芸術ネットワーク「ゼロ」と共鳴した、知られざる草間彌生。

写真:齋藤誠一 文:猪飼尚司

1950年代末のヨーロッパに生まれた前衛芸術ネットワーク「ゼロ(ZERO)」。当時ニューヨークに住んでいた草間彌生が、この「ゼロ」とかかわりをもっていたことはあまり知られていない。日本ではあまり紹介されてこなかったその活動と当時の草間の作品を通じて、新たな芸術が誕生するエネルギーに触れてほしい。

世界初公開の新作も登場! 欧州の前衛芸術ネットワーク「ゼロ」と共鳴した、知られざる草間彌生。

草間彌生『無限なる天国への憧れ』2020年 ミクストメディア 六角形のミラールームの中に整然と配置された極彩色の電飾が、壁や天井の鏡に反射して無限の世界をつくり出す。草間彌生美術館で2020年5月末まで開催予定の特別展が世界初公開となる新作だ。

日本を代表するアーティスト、草間彌生の個人美術館として2017年に設立された草間彌生美術館で開催されている特別展、「ZERO IS INFINITY 『ゼロ』と草間彌生」(臨時休館中、最新の開館情報は美術館ウェブサイトまで)。草間はニューヨークに滞在していた1960年代、同時期に活動していたヨーロッパのアーティスト・ネットワーク「ゼロ」と意識をともにしていたという。草間に影響を与えた彼らは当時なにを感じ、伝えようとしていたのだろう。

アーティストのハインツ・マックとオットー・ピーネがドイツのデュッセルドルフで1958年に結成した「ゼロ」。ユニークなネーミングは、ロケットが発射される時のカウントダウンに起因する。「5、4、3、2、1」とカウントダウンが進むにつれて緊張が高まり、「0」の瞬間、次に起こる劇的なものを期待して、人々は息を呑み、沈黙する。この様子を自分たちの芸術的な思考や態度と重ね合わせ、設立メンバーであるマックとピーネはそれをグループ名としたのだ。ドイツの他、フランス、イタリア、オランダなど、ヨーロッパ諸国を巻き込みながら、しだいに運動を拡大し、ニューヨークからは草間彌生、そして日本からも具体美術協会(吉原治良を中心に兵庫で結成されたアートグループ)も招聘するなど、60年代を席巻する芸術活動へと発展していった。

1 / 3p
Feature Art 世界初公開の新作も登場! 欧州の前衛芸術ネットワーク「ゼロ」と共鳴した、知られざる草間彌生。
Feature Product 新たなるライカの聖地、「新宿 北村写真機店」がオープン!
Feature Product 新たなるライカの聖地、「新宿 北村写真機店」がオープン!

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。