Feature Art 全作品、日本初公開。草間彌生『我々の見たこともない幻想の幻とはこの素晴らしさである』で、進行形の創作を見る。

全作品、日本初公開。草間彌生『我々の見たこともない幻想の幻とはこの素晴らしさである』で、進行形の創作を見る。

写真:齋藤誠一 文:猪飼尚司

東京・早稲田の草間彌生美術館で現在開催中の『我々の見たこともない幻想の幻とはこの素晴らしさである』。時代を超えて、世界の人々を魅了し続ける草間作品の魅力、そして現在進行形の活動内容に迫る展覧会を取材した。

全作品、日本初公開。草間彌生『我々の見たこともない幻想の幻とはこの素晴らしさである』で、進行形の創作を見る。

幼少期より自身を苛む幻覚や幻聴と闘いながら、全身全霊で独自の芸術表現を追求してきた草間彌生。1950年代から本格的に作品を発表し始め、以降も時代ごとに前衛的な創作を続けてきた彼女だが、90歳を超えたいまもその精力は衰えることなく、日々作品をつくり続けている。東京の草間彌生美術館で開催されている...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
Feature Art 全作品、日本初公開。草間彌生『我々の見たこともない幻想の幻とはこの素晴らしさである』で、進行形の創作を見る。