Feature Art 2020年の東京をアートで変える! 東京都とアーツカウンシル東京がいままでにないチャレンジを募集。かつてない企画公...
PROMOTION

2020年の東京をアートで変える! 東京都とアーツカウンシル東京がいままでにないチャレンジを募集。かつてない企画公募が目指すものとは。

写真:上野元行 文:猪飼尚司

2019年秋から20年秋まで、東京で開催する芸術文化事業を広く一般から募る『Tokyo Tokyo FESTIVAL 企画公募』がスタートします。このかつてない試みを展開するのが、東京都とアーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)です。20年の東京でアートが担う役割とは、企画公募が目指すものとは――。アーツカウンシル東京の機構長・三好勝則さんに話を伺いました。

2020年の東京をアートで変える! 東京都とアーツカウンシル東京がいままでにないチャレンジを募集。かつてない企画公募が目指すものとは。

昨年11月に開催された、デジタルアートと電子音楽の国際的な祭典『MUTEK』の助成もアーツカウンシル東京は行っている。©Shigeo Gomi, Ryu Kasai

1964年に東京で開催されたオリンピックは、都市の様相を大きく変えました。半世紀以上を経た2020年。再び東京にオリンピック・パラリンピックがやってきます。世界が注目するスポーツの祭典が繰り広げられる東京という都市に、世界中が注目し、多くの人々が集まります。それだけに、都市としての機能や特性が、改めて問われる機会となるでしょう。

また、あまり広く知られていませんが、実はオリンピックは「文化の祭典」でもあり、それはオリンピック憲章にも明記されています。この20年を軸に、“芸術振興”という枠組みから東京に大きな変革をもたらそうとしているのが、東京都とアーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)です。これまでにも『六本木アートナイト』や『恵比寿映像祭』をはじめとした多くの芸術文化事業の主催や助成、支援はもちろん、人材の育成から国際的なネットワークづくりに至るまで、多岐にわたる活動を行ってきました。そんな東京都とアーツカウンシル東京が20年に向けて取り組む、最大規模の企画公募事業となるのが『Tokyo Tokyo FESTIVAL 企画公募』です。

2020年の東京をアートで変える! 東京都とアーツカウンシル東京がいままでにないチャレンジを募集。かつてない企画公募が目指すものとは。

『Tokyo Tokyo FESTIVAL 企画公募』の募集を伝えるポスター。ジャンルや経験は問わない代わりに、意気込みや独創性、チャレンジングな精神が求められる。

Tokyo Tokyo FESTIVAL 企画公募

●対象分野:音楽・演劇・舞踊・美術・写真・文学・メディア芸術(映像、マンガ、アニメ、ゲームなど)・伝統芸能・芸能・生活文化(茶道、華道、書道、食文化など)・ファッション・建築・特定のジャンルにとらわれない芸術活動(複合)等
●事業規模:1事業につき数百万円から2億円を超えない範囲(協賛金や自己資金など、他の収入を含めた事業規模についてはこの限りではない)
●実施場所:東京都内
●対象期間:2019年秋頃から2020年9月までの間に実施・終了する企画
●応募について:個人・グループ・団体・法人の方々、基本的にどなたでも応募できる
●対象とならない事業:宗教的または政治的な宣伝・主張を目的とするもの、展示物や制作物等の販売活動を主な目的とするものは除く
●期待する企画内容:
・インパクトある芸術創造(芸術文化都市東京を世界にアピールできるクオリティがあり、21世紀の芸術文化を牽引する挑戦を感じる。また芸術性・話題性があり、国内外への発信力がある)
・あらゆる人々が参加できる(世代・国籍・障害などを超え、誰でも参加できる。また参加の仕方やプログラムに工夫があり、参加者にとっても記憶に残る体験を提供できる)
・アートの可能性を広げる(社会課題に向き合うことで、アートの新たな可能性を広げることにチャレンジしている。またアートの視点を活かした、ユニークな社会に対する問題(課題)提起力・発見がある)
※採択された企画は、東京都とアーツカウンシル東京の主催事業として、応募者側に制作等を委託します。

問い合わせ先/Tokyo Tokyo FESTIVAL 企画公募事務局
TEL:03-6256-9921
詳しい応募方法などはこちら

Feature Art 2020年の東京をアートで変える! 東京都とアーツカウンシル東京がいままでにないチャレンジを募集。かつてない企画公...