Feature Art 1970年のTOKYOから、熱風が吹いてくる。

1970年のTOKYOから、熱風が吹いてくる。

写真:江森康之 文:青野尚子

日本写真界の巨匠たちが撮ったのは、いまだ熱気を帯びた時代の東京の風景。東京・銀座のアルマーニ / 銀座タワーで行われている、ユニークな写真展を紹介しましょう。

1970年のTOKYOから、熱風が吹いてくる。
1970年のTOKYOから、熱風が吹いてくる。
1970年のTOKYOから、熱風が吹いてくる。
40点におよぶ、未発表作品。

会場の一角にびっしりと並ぶ荒れたモノクロームの写真は、森山大道(もりやま だいどう・上写真)さんの作品です。彼の写真を特徴づけるブレ、ボケはもちろん、印刷物を複写したもの、パーフォレーション(フィルムの両端に開けられた送り用の穴)がプリントされているもの、ネガが傷んでいるのか、奇妙な模様がついているものなど、カオティックな光景が広がります。全60点の写真のうち20点は1972年に発表された「写真よさようなら」に収録されたもの。残りの40点は、そこに収録しなかったものを中心とする未発表カットです。展覧会のキュレーターを務めた長澤章生さんによれば、森山さんはセレクトで落としたカットも、収録したものと同等に考えていて、いつか生き返らせたいと思っていたそう。
森山さんが68年に出版した最初の写真集「にっぽん劇場写真帖」に散文詩を寄せてくれたのが、寺山修司さんです。雑誌の連載でも寺山さんが文を、森山さんが写真を、というように一緒に旅をしていました。
「僕を大衆演劇の世界へ連れて行ってくれたのが寺山さんでした。とにかく映画スターみたいにかっこよかった。目の前にいてもいなくても、とても懐かしい、という不思議な体温を持った人でしたね」とオープニングに訪れた森山さんは語っています。
1 / 5p
Feature Art 1970年のTOKYOから、熱風が吹いてくる。