Feature Art アートの視点で、宇宙の謎と魅力をひも解く。

アートの視点で、宇宙の謎と魅力をひも解く。

写真:江森康之 文:青野尚子

週末の展覧会ノート15:これまでにないユニークな切り口で“宇宙”に迫る、六本木・森美術館の「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」をレポートします。

アートの視点で、宇宙の謎と魅力をひも解く。

もう少し時が経てば、一般の人でも宇宙に行けるようになるかもしれません。そんな時代になっても、宇宙はまだたくさんの謎で満ちているはずです。いま、東京・六本木の森美術館では、そのミステリアスな存在である「宇宙」をめぐって私たち人間がつくり出してきたさまざまなものが展示されています。南條史生館長と共同でキュレーションを行った森美術館のアソシエイト・キュレーター、椿 玲子さんのナビゲートで、話題を集めている「宇宙と芸術」展をご紹介しましょう。

Feature Art アートの視点で、宇宙の謎と魅力をひも解く。