Feature Art 書いているのは詩になる直前のなにか。最果タヒの個展で、詩が完成する瞬間に出合う。

書いているのは詩になる直前のなにか。最果タヒの個展で、詩が完成する瞬間に出合う。

写真:朝岡英輔 文:今泉愛子

横浜美術館で3月24日まで開催されている詩人・最果タヒさんの個展が、SNSで話題になっています。最果さんにとって、美術館で個展を行うのは今回が初。彼女は自らの詩をどのように捉え、表現しているのでしょうか。会場でのインタビューを通して探ります。

書いているのは詩になる直前のなにか。最果タヒの個展で、詩が完成する瞬間に出合う。

メイン会場のアートギャラリー1に立つ最果タヒさん。インターネットやSNSで積極的に発信する最果さんですが、自身の顔は公表しません。

『氷になる直前の、氷点下の水は、蝶になる直前の、さなぎの中は、詩になる直前の、横浜美術館は。――最果タヒ 詩の展示』タイトルまでもがそんな詩になっている最果(さいはて)タヒさんの初個展が、横浜美術館で開催中です。アートギャラリー1、美術情報センター、Café小倉山という館内の3つのスペースで展...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
Feature Art 書いているのは詩になる直前のなにか。最果タヒの個展で、詩が完成する瞬間に出合う。