Feature Art 3万5000人が訪れた「東京アートブックフェア2019」、本と出合う面白さを、森岡督行さんと体感しました。

3万5000人が訪れた「東京アートブックフェア2019」、本と出合う面白さを、森岡督行さんと体感しました。

写真:齋藤誠一 文:佐藤千紗 動画ディレクション:谷山武士

2019年7月12日〜15日の4日間、東京都現代美術館で10回目となる「東京アートブックフェア」が開催されました。新しい本との出合いに満ちた会場を森岡書店の店主・森岡督行さんと巡り、活気あふれるフェアを動画とともにレポートします。

3万5000人が訪れた「東京アートブックフェア2019」、本と出合う面白さを、森岡督行さんと体感しました。

リニューアルした東京都現代美術館を会場にした今年の東京アートブックフェアを、森岡さんと一緒に体験しました。会場には入場待ちの長い列ができ、人気の高さが伺えます。

2009年、アートに特化したブックフェアとしてスタートした「東京アートブックフェア」。2年ぶり10回目の開催となる今年は、春にリニューアル・オープンしたばかりの東京都現代美術館へと会場を移しました。会場には、約300組の出展者によるアートブックやジンが並びます。ブックフェアは、思いをもったつくり手が直接本を売ることができる場。新しいアイデアやハッと目を奪われるビジュアルに触れられるとともに、つくり手との生のやり取りが交わされるのも魅力です。会場を巡るのは、銀座で「一冊の本を売る本屋」、森岡書店を営む森岡督行さん。本の目利きである森岡さんの視点で見つけたアートブックやジン、気になった出展者を紹介してもらいます。開場を前に、入り口には入場待ちの長蛇の列。静かな熱気に包まれたイベントが始まりました。



1 / 4p
Feature Art 3万5000人が訪れた「東京アートブックフェア2019」、本と出合う面白さを、森岡督行さんと体感しました。