Feature Art ヴェルサイユ宮殿で杉本博司展が開幕、多彩な創作が歴史ある地と結びつく。

ヴェルサイユ宮殿で杉本博司展が開幕、多彩な創作が歴史ある地と結びつく。

文:髙田昌枝(パリ支局長) 写真:オリヴィエ・バルディナ

毎年、国際的なアーティストを招いて行われる、ヴェルサイユ宮殿の現代アート展。11年目を数える今年は杉本博司さんが選ばれ、10月16日から展覧会が始まりました。タイトルは『SUGIMOTO VERSAILLES Surface of Revolution』(スギモト ヴェルサイユ サーフェス・オブ・レボリューション)。この模様をいち早くご紹介します。

ヴェルサイユ宮殿で杉本博司展が開幕、多彩な創作が歴史ある地と結びつく。

プラ・フォン池に浮かぶガラスの茶室『聞鳥庵/モンドリアン』を背に立つ杉本博司さん。

2008年、ジェフ・クーンズを招聘して世間をあっと言わせたヴェルサイユ宮殿の現代アート展。以来毎年、グザヴィエ・ヴェイヤン、村上隆、オラファー・エリアソンといった国際的なアーティストを迎え、話題を呼んできました。

11年目を迎える今年、ヴェルサイユが選んだのは写真、彫刻、建築とさまざまな表現活動を行ってきた杉本博司さん。舞台はヴェルサイユ宮殿の敷地にあり、マリー・アントワネットが愛し、劇場や田舎風離宮をつくらせたトリアノン領有地。トリアノンを会場とするのは初めての試みです。

展覧会のサブタイトルは『Surface of Revolution』(サーフェス・オブ・レボリューション)。これは数学の用語で、直線を軸に曲線を回転して得られる「回転面」のことです。19世紀後半のヨーロッパで回転面を3次元で視覚化する数理模型が石膏でつくられ、マン・レイやヘンリー・ムーアに影響を与えました。杉本さんはコンピューターを用いて数理模型作品を制作。『Surface of Revolution』と題したシリーズを発表し、今回も作品を展示しています。キュレーションを手がけたジャン・ド・ロワジーは「マリー・アントワネットが過ごしたこの地で、フランス革命とその影響を巡る歴史物語、ろう細工の肖像から写真、映画に至るメディアの技術的考察、さらには芸術におけるラディカルな美の変遷についての分析などが、杉本博司という芸術家の力業によって互いに結び付けられています」と語ります。展示作品のすべてがヴェルサイユという場に求心的に結びついているのです。

Feature Art ヴェルサイユ宮殿で杉本博司展が開幕、多彩な創作が歴史ある地と結びつく。