Feature Art 写真家・石川直樹のエベレスト登頂を記録した、秘蔵ムービーを先行公開!【Penクリエイター・アワード2019】

写真家・石川直樹のエベレスト登頂を記録した、秘蔵ムービーを先行公開!【Penクリエイター・アワード2019】

2019年に最も輝いたクリエイター9名にフォーカスする「Penクリエイター・アワード2019」。写真家の石川直樹は、これまでに2度登頂を果たした世界最高峰・エベレストの作品集をこの12月に発表。刊行を記念し、2011年登頂時の未発表映像を、Pen Onlineで先行公開!


地球を旅しながら、自身が見た世界を撮影し続ける写真家・石川直樹。2001年に世界七大陸最高峰を登頂し、いまも数々の山々へ挑む彼は、これまでに2001年と2011年の2度、世界最高峰のエベレストへの登頂を果たしている。

この度、初の超大型作品集『EVEREST/K2 NAOKI ISHIKAWA』(CCCアートラボ刊、12月1日発売)の刊行に伴い、2011年のエベレスト登頂までの過程を収めた記録ムービーを発表することになり、Pen Onlineで先行公開が実現した。

夕焼けに照らされるヒマラヤの山々や、標高6000m付近で行う高所順応、目の前で起きる雪崩……。大きなクレバスに梯子をかけて一歩一歩渡る様子や、雪が積もる急斜面を踏みしめながら登るシーンは、思わず息を飲んで見入ってしまう。
そびえ立つエベレストの迫力と、頂上から眺める爽快な景色は圧巻。石川自らが撮影した貴重な記録をご覧あれ。

写真家・石川直樹のエベレスト登頂を記録した、秘蔵ムービーを先行公開!【Penクリエイター・アワード2019】

石川直樹●1977年、東京都生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。2001年に世界7大陸最高峰を当時最年少で登頂。自身の旅を撮り続ける。おもな作品集に、『この星の光の地図を写す』(リトルモア)、ヒマラヤの8000m峰に焦点を当てた写真集シリーズの7冊目『GasherbrumⅡ』(SLANT)など。写真:森山将人(TRIVAL)

石川直樹『EVEREST』

超大型作品集『EVEREST/K2 NAOKI ISHIKAWA』(CCCアートラボ、¥418,000、12月1日発売)、通常版『EVEREST NAOKI ISHIKAWA』(CCCメディアハウス、¥5,280、12月10日発売)の刊行を記念して大型作品を展示中。本ページで公開している動画『EVEREST』も会場で限定公開中。

開催期間:2019年12月1日(日)~2020年1月5日(日)
開催場所:アートウォールギャラリー(GINZA SIX6階 スターバックス前展示スペース)
東京都中央区銀座6-10-1
TEL:03-3575-7755
営業時間:10時~22時30分(2019年12月31日:10時~21時、2020年1月2日:10時30分~22時30分)
休業日:2020年1月1日(火・祝)
https://store.tsite.jp/ginza/event/art/11034-1604251114.html

Feature Art 写真家・石川直樹のエベレスト登頂を記録した、秘蔵ムービーを先行公開!【Penクリエイター・アワード2019】
Feature Product 19世紀からの伝統を継ぐ、A.ランゲ&ゾーネの魅惑のコレクション
Feature Product 19世紀からの伝統を継ぐ、A.ランゲ&ゾーネの魅惑のコレクション