Feature Art ピエール・ユイグは舞台を演出するように、「岡山芸術交流2019」をディレクションした。

ピエール・ユイグは舞台を演出するように、「岡山芸術交流2019」をディレクションした。

写真・文:中島良平

3年ごとに岡山市で開催される国際現代美術展「岡山芸術交流」。アーティスティックディレクターにアーティストのピエール・ユイグを迎え、第2回がスタートした。「岡山芸術交流2019 IF THE SNAKE もし蛇が」のタイトルのもと、9カ国より18組のアーティストによる40点ほどの作品が芸術祭を彩る。

ピエール・ユイグは舞台を演出するように、「岡山芸術交流2019」をディレクションした。

ピエール・ユイグ『タイトル未定』 アーティスティックディレクターを務めるピエール・ユイグの作品が展示されるのは、旧内山下小学校の校庭。被験者の脳内活動をスキャンし、再構成した映像がスピーディーに展開する(記事末尾に展示風景の動画を掲載)。

地域への新しい文化的価値の創出や交流人口の増加を目指し、2016年に第1回が開催された「岡山芸術交流」。アーティストのリアム・ギリックがアーティスティックディレクターを務めた展示が評判となり、23万4千人の来場者を集めた。第2回となる今回、期待は様々な数字に表れている。前回14000枚ほどだった前売券の売り上げ枚数は26000枚に、民間企業からの協賛金は8000万円から1億1000万円に、文化庁等からの助成金は6500万円から8500万円にそれぞれ増加見込み。そして、小・中学校からの見学申し込みが42校から68校に増えたのは、未来への文化活動として何よりも素晴らしい成果だといえるだろう。今回、アーティスティックディレクターを務めるピエール・ユイグは、「IF THE SNAKE もし蛇が」というタイトルをつけた。テーマではなく、あくまでも展覧会タイトルだ。参加アーティストを展覧会コンセプトで縛ることなく、しかし作品同士が作用しあって新しい世界を創造することを意図したという。



1 / 3p
Feature Art ピエール・ユイグは舞台を演出するように、「岡山芸術交流2019」をディレクションした。