Feature Art 金沢21世紀美術館『大岩オスカール 光をめざす旅』展で、あふれる色彩や光に包まれる。

金沢21世紀美術館『大岩オスカール 光をめざす旅』展で、あふれる色彩や光に包まれる。

写真・文:中島良平

ブラジル・サンパウロに生まれ、東京、ニューヨークと拠点を移し作品制作を続ける大岩オスカール。豊かな色彩を駆使し、現実とファンタジーの入り混じる世界を描いたペインティングが人気を集める作家の個展が、金沢21世紀美術館で開催されています。

金沢21世紀美術館『大岩オスカール 光をめざす旅』展で、あふれる色彩や光に包まれる。

「第6章:希望をもって」と題された展示室で、『光をめざす旅』(2018)の前で佇む大岩オスカールさん。

2000年代初頭のものから最新作まで60点あまりを集めた大岩オスカールさんの個展『光をめざす旅』は、6章立てで構成されています。「第1章:波に包まれるニューヨーク市」では、2002年に東京からニューヨークに拠点を移す前後から手がけた作品を、「第3章:旅人生」では、いまでも来日するとよく顔を出すという北千住の居酒屋や、幻想的な海の風景を描いた作品などを展示。サンパウロから東京、東京からニューヨークへと拠点を移して活動してきた、大岩オスカールというひとりの人生の旅を追体験させます。今回、大岩さんが新たに挑んだ、金沢21世紀美術館の壁面への巨大なドローイングの様子から取材を始めました。

1 / 4p
Feature Art 金沢21世紀美術館『大岩オスカール 光をめざす旅』展で、あふれる色彩や光に包まれる。

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。