Feature Art 多彩なメッセージを込めたカラフルな彫像が並ぶ、国立新美術館「ニキ・ド・サンファル展」へ。

多彩なメッセージを込めたカラフルな彫像が並ぶ、国立新美術館「ニキ・ド・サンファル展」へ。

写真:江森康之 文:青野尚子

週末の展覧会ノート12:「射撃絵画」やカラフルな女性像「ナナ」シリーズなどで知られ、戦後を代表するアーティストの一人、ニキ・ド・サンファル。国内外の主要作品を集めた大規模個展が開催中です。

多彩なメッセージを込めたカラフルな彫像が並ぶ、国立新美術館「ニキ・ド・サンファル展」へ。

いま、国立新美術館で開かれている「ニキ・ド・サンファル展」は、日本で初めて公開される作品も多く、国内では史上最大規模のもの。2014年にパリのグラン・パレで開かれた回顧展の要素を取り入れつつも、作品を新たに選び、章構成も考えられた日本独自の内容の展覧会です。見逃せないアート展をライター青野尚子さんと訪ねるシリーズ「週末の展覧会ノート」。今回は担当研究員の山田由佳子さんに、ニキ・ド・サンファルの魅力と生涯について語ってもらいました。

1 / 5p
Feature Art 多彩なメッセージを込めたカラフルな彫像が並ぶ、国立新美術館「ニキ・ド・サンファル展」へ。