Feature Art "祈り"の現代アーティスト小松美羽と巡る、神秘の国・出雲

"祈り"の現代アーティスト小松美羽と巡る、神秘の国・出雲

写真:神庭恵子 文:藤井麻未

なにかを訴えかける大きな目、逆巻く毛並み。不思議な力強さを秘めた神獣たちを独特なタッチで描くのが、いま世界が注目する現代アーティスト小松美羽だ。小松の画には、独自の死生観、あふれんばかりの魂、そして祈りの念がほとばしっている。あらゆる色彩を使って描かれる小松の作風は、実は数年前の出雲大社参拝を機に確立されたもの。それ以前は銅版画家としてモノクロの世界を描いていたのだ。今回は日本テレビ『アナザースカイ』にて、画家人生の転機ともいえる出雲の地を再訪し、そこでなにを感じ、なにを想ったのかを彼女自身が語ってくれた。

出雲大社にて祈りを捧げる、現代アーティストの小松美羽。

大英博物館に作品が収蔵された、異例の若手アーティスト 

銅版画家としてプロデビューを果たしてから、第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門にノミネート、有田焼に絵付けをした立体作品『天地の守護獣』が、30代という異例の若さで大英博物館に収蔵されるなど、その作品は世界的にも高く評価されている。また2020年日本テレビ系『24時間テレビ』ではチャリティTシャツをデザインし、同番組でのライブペイント作品が2054万円という高額で落札されるなど、小松美羽はまさに国内外で注目を浴びている若手アーティストのひとりだ。


【関連記事】アーティスト小松美羽がライブで描く、京都・常寂光寺のふたつの世界。

小松美羽(こまつ・みわ)●1984年、長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。作品『四十九日』は、際立つ技巧と作風で賞賛されプロへの道を切り開く。近年ではアクリル画、有田焼などに制作領域を拡大。パフォーマンス性に秀でた力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。日本の美術界へ衝撃を与え、国際的な評価は高く多方面でその存在感を増している。

小松美羽と出雲

小松の作品に一貫して感じられるのが「祈り」というテーマだ。「生まれ育った長野は自然が多く、沢山の動物たちと一緒に暮らしていました。幼い頃から生き物の生死を身近に感じる環境でしたね。」と語る小松。中でも、飼っていた兎、そして祖父の死に立ち合ったことからインスピレーションを受け、哀悼の祈りを込めて描き上げたのが銅版画のデビュー作品『四十九日』であったという。それ以来、彼女の作品に「祈り」は欠かせないテーマとなった。

出雲大社に奉納された『新・風土記』。

そんな小松が初めて出雲の地を訪れたのは2013年、出雲大社遷宮の年だった。地元の長野県坂城町には社寺も多く、神仏に祈ることが日課のひとつでもあったという小松。

「古事記も勉強していましたし、八百万の神々が集まる祈りの聖地・出雲へは、いつか訪れたいと思っていました。縁あって念願の出雲大社へお詣りしていた際、ふと顔を上げると雲間から一筋の光が本殿へと降り注いでいたんです。その雲と光が虹のように多様な色に見えて、光(色)があるからこそ陰(モノクロ)が存在し、またその逆なのだと気付きました。色の重要さに目覚めたんです」

そうして翌年、出雲の地で描き上げた作品『新・風土記』を出雲大社に奉納。これまで銅版画というモノクロの世界のみを描いてきた小松の作品が、これを境に一気に色彩あふれたものになる。そのきっかけを与えてくれたのが出雲の地だった。


【関連記事】アーティスト小松美羽が描く、京都の苔と青もみじ

1 / 3p
Feature Art "祈り"の現代アーティスト小松美羽と巡る、神秘の国・出雲