Feature Art アーティスト小松美羽がライブで描く、京都・常寂光寺のふたつの世界。
PROMOTION

アーティスト小松美羽がライブで描く、京都・常寂光寺のふたつの世界。

文:藤村はるな 写真:蛭子真

緑美しい京都の夏。風光明媚な京都の寺の中でも、一面に広がる苔で名高い常寂光寺にて6月末、現代アーティストの小松美羽さんがライブペインティングを行いました。描かれた作品は8月25日まで同寺院で展示されています。常寂光寺の緑を、小松さんはどのように描いたのでしょうか。

アーティスト小松美羽がライブで描く、京都・常寂光寺のふたつの世界。

1時間弱ものライブペインティング中、雨に濡れ続けながらも、金屏風に向かう小松美羽さん。一心不乱に取り組むその様子を、観客はひたすら見守っていました。

冴え冴えと緑が際立つ青もみじや、しっとりとした数多の苔。その美しさは、夏の京都の風物詩として、古から多くの風流人に愛されてきました。なかでも、京都の緑がより美しく見えるのが、空から降り注ぐ雨に濡れ、樹々や苔がより一層艶やかに輝くような日です。

そんな景色の中、現代アーティスト小松美羽さんによるライブペインティングが行われました。大英博物館に所蔵された『天地の守護霊』や出雲大社に奉納した『新・風土記』をはじめ、神聖な生き物の世界を独特な色彩感覚と高い表現力で描いてきた小松さんは、いまや世界で活躍するアーティストのひとりとして知られています。

1 / 2p
Feature Art アーティスト小松美羽がライブで描く、京都・常寂光寺のふたつの世界。

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。