Feature Art 風景を抽象化する写真家、マイケル・ケンナ。日本初となる回顧展を見逃すな。

風景を抽象化する写真家、マイケル・ケンナ。日本初となる回顧展を見逃すな。

写真・文:中島良平

イギリス出身の写真家、マイケル・ケンナが写し出すのは、心象風景と表現したくなるような詩的なモノクロームの風景。その45年に及ぶキャリアをたどる『マイケル・ケンナ写真展』が、東京都写真美術館で2019年1月27日まで開催されています。

風景を抽象化する写真家、マイケル・ケンナ。日本初となる回顧展を見逃すな。

中央の『Trees, Richmond, Surrey, England』(1975)を撮影したのは、マイケル・ケンナが写真家のアシスタントをしていた時代。水をヴェールのように捉えるケンナの原点とも呼べる作品です。

これまでに世界各地で約450回の個展を開催し、70タイトルに及ぶ写真集を手がけた世界屈指の風景写真家、マイケル・ケンナ。ロンドンのビクトリア&アルバート美術館やサンフランシスコ近代美術館など各国の著名美術館に作品が収蔵されていることが証明するように、セピア色で詩情豊かにプリントされた作風が世界的に高く評価されています。ケンナはイギリスでキャリアをスタートし、ヨーロッパ各地を旅しながらどのように表現を模索したのでしょうか。80年代後半に私費を投じて撮影を続けたナチの強制収容所や、2001年に撮影を開始した日本にはじまるアジア。そして、日本の古民家で10年前より撮影を続けてきた女性のヌード写真。その展開について、来日した彼に話を聞きました。

Feature Art 風景を抽象化する写真家、マイケル・ケンナ。日本初となる回顧展を見逃すな。