Feature Art 空間、動き、音。3つの視点で切り取った、第7回KYOTOGRAPHIEレポート

空間、動き、音。3つの視点で切り取った、第7回KYOTOGRAPHIEレポート

写真・文:中島良平

京都の春の恒例イベントとなった『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2019』。歴史的な名所から祇園の現代的な複合ビルまでが会場となり、4月13日から5月12日まで充実のラインアップで開催されました。

空間、動き、音。3つの視点で切り取った、第7回KYOTOGRAPHIEレポート

建仁寺の塔頭(たっちゅう:境内の小院)である両足院も会場の一つ。中では、バウハウス100周年記念展として、ドイツ前衛運動を代表する写真家のひとりであるアルフレート・エールハルトの、日本初となる展覧会が開催されました(展示風景は次ページにて)。

「年々成長してきたKYOTOGRAPHIEが、今年でラッキーナンバーである7回目を迎えました」

共同ディレクターを務めるルシール・レイボーズさんと中西祐介さんは、京都・両足院の展示脇で話してくれました。

「『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2019』のテーマはVIBE(振動)です。目に見えないもので私たちはつながっていて、その振動によって生まれるなにかは、よいものにも悪いものにもなり得てしまいます。KYOTPGRAPHIEに展示される作品から、多様な振動を感じ取っていただきたいと思ったんです」

さまざまな出来事や人と出会った時に湧き上がってくる喜び、葛藤や絶望ですらも、私たちを新たな世界に導いてくれる振動といえるでしょう。それを作品から感じ取り、見た人々の間に共振が生まれることを企図し、企画が進められました。

20世紀前半の写真家から映像や音を駆使した気鋭の現代作家まで、京都に集結した作品の数々を「空間」「音」「動き」という3つの視点からレポートします。


空間、動き、音。3つの視点で切り取った、第7回KYOTOGRAPHIEレポート

KYOTOGRAPHIE共同創設者兼共同ディレクターのルシール・レイボーズさん(右)と仲西祐介さん(左)。「会期中以外にも町で“KYOTOGRAPHIEさん”と呼ばれる機会が増えました」と、仲西さんはイベントが定着してきたことについて笑顔を見せます。

1 / 4p
Feature Art 空間、動き、音。3つの視点で切り取った、第7回KYOTOGRAPHIEレポート