Feature Art マネキンからリアルへ。木村伊兵衛写真賞を受賞した片山真理が語る、「それまで」と「これから」。

マネキンからリアルへ。木村伊兵衛写真賞を受賞した片山真理が語る、「それまで」と「これから」。

写真&文:中島良平

2020年3月19日、優れた作品を発表した新人写真家を表彰する「木村伊兵衛写真賞」の第45回受賞者として、アーティストの片山真理の名前が発表された(横田大輔とダブル受賞)。群馬県の自宅に隣接する片山のアトリエを訪れ、受賞までのキャリアと今後の展望について話を訊いた。

マネキンからリアルへ。木村伊兵衛写真賞を受賞した片山真理が語る、「それまで」と「これから」。

2017年末より企画が進み、19年3月に出版された待望の初作品集。『GIFT』片山真理・写真、ユナイテッドヴァガボンズ刊 ¥5,500(税込)

先天的に四肢疾患をもち、9歳で両足を切断して義足での生活を送り始めた片山真理。2013年の「あいちトリエンナーレ」で広く注目され、16年に森美術館で開催された『六本木クロッシング』展では圧巻の存在感を放った。以後、ヴェネチア・ビエンナーレや世界最大規模の写真の祭典「パリ・フォト」への参加など、...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
Feature Art マネキンからリアルへ。木村伊兵衛写真賞を受賞した片山真理が語る、「それまで」と「これから」。