Feature Art “視覚の革命”を起こした、ヤン・ファン・エイクの名画を訪ねてベルギーへ。【中編】

“視覚の革命”を起こした、ヤン・ファン・エイクの名画を訪ねてベルギーへ。【中編】

写真:吉田タイスケ 文:青野尚子

ベルギー、ゲント(ヘント)の聖バーフ大聖堂にあるヤン・ファン・エイクの『ゲント(ヘント)の祭壇画』。この名画の一部が修復されたのを機に、ゲント美術館と聖バーフ大聖堂で大規模なヤン・ファン・エイクの展覧会が開催されている。前編は聖バーフ大聖堂、中編はゲント美術館、後編ではゆかりの地であるブリュージュとメッヘレンの地へ。3つの街を巡って、ファン・エイクの足跡をたどる。

“視覚の革命”を起こした、ヤン・ファン・エイクの名画を訪ねてベルギーへ。【中編】

『ファン・エイク オプティカル・レボリューション』展が開催中のゲント美術館。

前編では『ゲント(ヘント)の祭壇画』に加えて現代美術の展示が行われている聖バーフ大聖堂を訪れたが、中編ではゲント美術館で開催中のヤン・ファン・エイクの特別展『ファン・エイク オプティカル・レボリューション』の見どころを紹介してく。この展覧会は、世界で20点ほどしかないとされているエイクの作品のうち、約半分を集めている。生きているうちにもう一度お目にかかることはできないかもしれない作品も多い、貴重な展示だ。


【関連記事】

“視覚の革命”を起こした、ヤン・ファンエイクの名画を訪ねてベルギーへ。【前編】


1 / 5p
Feature Art “視覚の革命”を起こした、ヤン・ファン・エイクの名画を訪ねてベルギーへ。【中編】
Feature Food ザ・プレミアム・モルツから始まる、オフの時間。
Feature Food ザ・プレミアム・モルツから始まる、オフの時間。